プロTOP:石田友忠プロのご紹介

三重県産無垢材+エアパス工法で「心の安全」な家づくり(1/3)

・三重産木材を持つ石田社長

住宅メーカー30年の勤務を経て知る、地産地消の木の家の良さ

 「皆さんの家は、寒くて起き辛いでしょうか? 暑くて寝苦しいでしょうか? 私の家は脱衣所やトイレも含めて年中快適空間です」
 こう語るのは、株式会社アート・宙の代表取締役、石田さん。設計事務所を経て大手住宅メーカーに約30年勤めた石田さんが自らの棲家に選んだのは、地元・三重産の無垢材で作った職人手作りの「木の家」でした。
特別な機械を用いず設計によって家の中に太陽エネルギーを採り込む「パッシブソーラーシステム」、壁の内部に空気を通す「エアパス工法」、家の中を空気が自由に行き交う「広がり間取り」。そして「自然素材」を使うことで完成される「呼吸する家」です。

 「一般的な家が夏の夜に寝苦しいのは、日中に暖められた空気が屋根裏に溜まり、部屋の温度を上げているからです。ある調査では夏の屋根裏は60~70度にもなるとも言われています」それを解消するのに最適だと石田さんが勧める「エアパス工法」。屋根の下と床下に換気口があるのが特徴です。夏は屋根の換気口を開きます。すると床下からの冷たい空気と混ざって対流が生まれ、暖かい空気は湿気と共に屋外へ放出されます。一方冬は、換気口を閉じます。すると太陽エネルギーにより暖められた空気が壁内や屋根裏に蓄えられ、室内が柔らかな暖かさに包まれます。

「外気温がマイナスでも、私の家の中は18度を切らないんですよ」

 そしてこの「エアパス工法」を支えるのが、天然素材の建材。特に木材は地元三重県産の無垢材を使い、地産地消を心がけます。
「玄関を開けると木の香りが迎えてくれ、素足に木の感触が心地良く、癒される家です。そして、カラっとした気持ち良さがあります。その魅力を、ぜひ皆さんに知っていただきたいのです」
 この「呼吸する木の家」は、創業11年目にして162棟を既に引き渡し、30棟が建築中です。その影には、「霊山」とも呼ばれる深い森を有する三重県・熊野にある一軒の製材業者との出会いがありました。

<次ページへ続く>

【次ページ】 粘り強く香りが良い熊野の木を、構造・建具にも使用

石田友忠プロに相談してみよう!

三重テレビ放送 マイベストプロ

気候に適した地元産の無垢材を使った「地産地消」の家。

会社名 : 株式会社アート・宙(そら)
住所 : 三重県四日市市北町3番4号 [地図]
TEL : 059-356-0817

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

059-356-0817

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石田友忠(いしだともただ)

株式会社アート・宙(そら)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
はじめまして。梅雨どきの“エアパスの家”

皆様こんにちは。エアパス工法の良さを伝え、おかげさまで創業11年「株式会社アート・宙」代表取締役の石田友忠で...

[ エアパスの家 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ