コラム

 公開日: 2017-03-09 

「就業規則」作成は義務?

いつも綜合経営労務センターのHPをご覧いただきまして、ありがとうございます。
今回は「就業規則」の必要性についてお話ししていきたいと思います。


★ そもそも就業規則とは?

就業規則とは、以前もお話ししたように、会社と従業員の取り決め「ルールブック」です。正確にいうと、使用者が会社経営において定める職場の規律や労働条件に関する規則をまとめたものです。つまり「職場では●●をしてはならない」「●時に出勤して●時に退社する」など、労働者にどのように働いてもらいたいかを決め、その決まりを労働者に伝えるためのものです。

 
★ どの会社・事業所でも就業規則は存在するのでしょうか??
 
労働基準法により、常時10人以上の労働者を使用する場合は、就業規則を作成し、労働基準監督署へ届け出るよう義務付けられています。
となると、10人未満の場合は義務がないので作成しなくてもよいのか?というと、そうとは言えません。
 
なぜなら、労働者を1人でも使用するには、労働時間、労働日、給料、定年など、実に多くのことを決めておかなければならず、これを決めずに働かせれば、労働者が不満に思ったり、トラブルになることがあるからです。
トラブルを未然に防いだり、労働者の労働条件を整理する上でも、就業規則の作成は有意義なものです。
 

★ 就業規則は労働条件
 
欧米のような契約社会では、分厚い雇用契約書を作成しますが、終身雇用を前提としてきた日本では、個別の雇用契約書にはあまり多くのことを書きません。代わりに就業規則を定め、これを労働条件の基本として運用してきたからです。
そのため、最高裁の示した判例でも、合理的な労働条件を定めた就業規則の法律上の効力を認めています。
 
たとえば、新たに採用した労働者が、就業規則の内容をあまり注意して読まずに労働契約書にサインしたとしても、就業規則の内容に合意したことになります。
サインした以上、その内容に従う必要が生じるのです。
 
 
★ 就業規則を作成するメリット
 
たとえば「素行不良の者を懲戒処分にする」「私傷病による休職者を期間満了で退職させる」などは、就業規則の定めがなければ行うことはできません。
就業規則を作成することは、義務かどうかではなく、自社を守るためにも必要なものです。
積極的に作成することが、経営上必要といえるでしょう。


ただし、せっかく就業規則を作成しても、社長の引き出しに大切に保管しているだけでは意味がありません。作成した就業規則を労働者に周知して、はじめて法的効力が生じるということも覚えておきましょう。 
 
 
◎就業規則作成、内容変更についてのお悩みは、ぜひ当事務所にご相談下さい。
 御社に合わせた就業規則を作成させていただきます。


ここまでお読みいただきありがとうございました。
参考になったと思われた方は、ぜひ「よかった!」をお願いします^^


事務所HP http://www.jinji-roumu-consul.com
助成金HP http://joseikin-mie.com
障害年金HP http://shougai-mie.com

この記事を書いたプロ

社会保険労務士法人 綜合経営労務センター [ホームページ]

社会保険労務士 田中克己

三重県津市大門19-15 パティオビル301 [地図]
TEL:059-222-1198

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
綜合経営労務センター 田中克己さん

美容サロン事業者のお悩みや相談ごとの力強いパートナーとして(1/3)

 日本三大観音のひとつ、津観音がある津市大門商店街の一角に事務所を構える『綜合経営労務センター』。商店街ビルの2階部分を事務所スペースとして、日々事業者さんの相談やコンサルティング業務に励んでいます。同事務所は、独立開業支援、新店舗出店支援...

田中克己プロに相談してみよう!

三重テレビ放送 マイベストプロ

実体験に基づいたアドバイスとコンサルティング

事務所名 : 社会保険労務士法人 綜合経営労務センター
住所 : 三重県津市大門19-15 パティオビル301 [地図]
TEL : 059-222-1198

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

059-222-1198

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田中克己(たなかかつみ)

社会保険労務士法人 綜合経営労務センター

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
36協定をご存じですか?(3)

いつも綜合経営労務センターのページをご覧いただきまして、ありがとうございます。連続してお話ししているブ...

[ 労務情報 ]

<総務担当者必見>3月の労務カレンダー

―――――――――― 今月のトピックス―――――――――― ★来年度の36協定締結 従業員に法定労働時間を超えて労働させ...

[ 労務情報 ]

36協定をご存じですか?(2)

いつも綜合経営労務センターのブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。前回の記事では「36協定」に...

[ 労務情報 ]

<総務担当の方へ>2月のお仕事カレンダー

―――――――――― 今月のトピックス―――――――――― ★労働保険料等の口座振替納付の申込労働保険料等の納付は口...

[ 労務情報 ]

36協定をご存じですか?(1)
イメージ

最近、過労死のニュースを耳にすることが増ましたね。 今まではあまりなかったかというと、そうではなく、以...

[ 労務情報 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ