コラム

 公開日: 2013-09-06  最終更新日: 2014-06-30

やさしい税務会計ニュース~すまい給付金、ホームページが開設~

消費税の増税に関しては最終決定が待たれるところですが、消費税の増税に伴う個人の負担軽減のための措置として代表的なのは、住宅ローン控除の拡充でしょう。

 ただし住宅ローン控除はあくまでも税の負担が軽減される措置であることから、税の負担が少ない場合は当然ながら軽減額も少ない、という状況があります。そのため、本来所得税のみの軽減措置である住宅ローン控除が住民税でも一部適用されていますが、消費税増税で出ていくお金は増えても税金の負担は減らない場合がより一層増えると予想されます。

 そのため年収が低いあるいは扶養親族が多いなど、税の負担が少ない個人に向けて消費税増税にあわせた負担軽減のための措置が設けられようとしています。それが、「すまい給付金」です。

 すまい給付金に関するホームページが8月1日に開設されていますので、確認しましょう。
 ○すまい給付金
 http://sumai-kyufu.jp/index.html
 すまい給付金は、消費税が8%時には最大30万円、10%時には最大50万円のキャッシュバックが見込まれています。
 特徴は、世帯ごとではなく、持分で計算することです。また、住宅ローンを組んでいない場合でも条件は厳しくなるものの、すまい給付金が受けられる場合があることでしょう。

 実際のすまい給付金の算定は、給付基礎額に持分を乗じて計算します。この給付基礎額は年収が一つの目安とはなるものの、実際は都道府県税の所得割額で決定がなされ、負担する税金が少ない人ほど額は多くなります。
 このサイトでは、すまい給付金がいくら受けられるのかについてのシミュレーションを行うことも可能です。住宅購入を見込まれている方は、一度試してみてはいかがでしょうか。


----------------------------------------------------------
前川晶税理士事務所
http://www.maegawakaikei.com/

〒515-0002
三重県松阪市郷津町192番地5
TEL:0598-50-5577
FAX:0598-50-5578
Email:zei-aki@biscuit.ocn.ne.jp
-----------------------------------------------------------

この記事を書いたプロ

前川晶税理士事務所 [ホームページ]

税理士 前川晶

三重県松阪市郷津町192-5 [地図]
TEL:0598-50-5577

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
前川晶税理士事務所 所長 前川 晶

町のよろず屋のような存在でありたい(1/3)

 松阪駅、近鉄側の出口から歩くこと約十五分。南勢バイパスからもアクセスの良い松阪市郷津町に前川晶税理士事務所はあります。「こんにちは!」職員の方々が元気よく笑顔で迎えてくれました。「中小企業を元気にしたいと思っている事務所なのに、活気が無...

前川晶プロに相談してみよう!

三重テレビ放送 マイベストプロ

豊富な知識と柔軟な思考で、一歩踏み込んだ経営サポートに強み

事務所名 : 前川晶税理士事務所
住所 : 三重県松阪市郷津町192-5 [地図]
TEL : 0598-50-5577

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0598-50-5577

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

前川晶(まえかわあきら)

前川晶税理士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
所得税は0円なのに、住民税は0円でない。なぜ? [三重 松坂 税理士]

[相談] 前年の所得税は0円でした。しかし、住民税は0円ではありません。なぜでしょうか?   前年の所...

源泉所得税の納付期限の判定 [三重 松坂 税理士]

[相談] 当社は決算後、株主総会の決議に基づき株主に対し配当金を支払いました。  配当金の支払日は7月1...

優しい税務会計ニュース~特別償却と特別控除の適用関係は? ~三重 松坂 税理士

[相談]  次の資本金の法人が設備投資をする場合に適用が考えられる特別償却・税額控除の規定を教えてくださ...

優しい税務会計ニュース~1人親方の場合の消費税の特定期間判定~三重 松坂市 税理士

[相談]  特定期間における課税売上高が1,000万円を超えるかどうかの判定において、課税売上高に代えて、特...

優しい税務会計ニュース~26年分から帳簿作成義務が生じています [松坂 前川税理士事務所]

個人の白色申告の場合でこれまで記帳や帳簿等の保存制度の対象者は、前々年か前年いずれかの事業所得等の合計額が3...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ