コラム

 公開日: 2016-02-19 

家族と建物

昨日は子育てと建物ということで、僕の子育て観と建物とのつながりについて書いてみました。

子育てということはもちろん家族という大きなまとまり・絆が必要になります。

建物に求められているものって、そういった絆を育む空間ではないでしょうか。

マイホームを立てることを考えたとします。

家族それぞれが、それぞれの希望を間取りや立地条件に挙げて、それをプランとして具体的に構築してみたとしましょう。

それぞれには希望がなんとなく通り、居心地がよさそうには見えますが、そこには絆がありません。

それぞれの夢のマイホームであって、家族の夢の詰まったマイホームではないからです。

家族の絆というのは、家族全員が揃って向かう夢や目標というものがあって成立します。

それぞれが孤立して生活できるような間取りでは、そういった夢や目標を話しするコミュニケーションの場が形成されません。

こんなことを言うと「リビングで話ができるでしょ?」なんていう声も聞かれそうですが、甘いんです。

それぞれの希望をかなえた孤立した部屋がある時点で、リビングというものは通過動線でしかなくなってしまうのです。

つまり、家族みんなが揃いたくなるような空間を一つ軸として、そこからそれぞれの空間で生活ができるという形が必要となるわけです。

もちろん、家族の仕事の状況やライフスタイルの都合で孤立した部屋との行き来がメインになることも考えられます。

しかし、それでは家族や夫婦間のコミュニケーションが取れず、家族ではなく単なる同居人となってしまうと僕は考えます。

つまり、せっかくのお家が心の通う「マイホーム」ではなく、寝泊まりするだけの「マイハウス」になってしまうのです。

こうなってしまうと、潜在化してくるのがお互いに対する不満等の意識です。

コミュニケーションが取れていないのですから、相手が何を考えているのか察することもできず、自分の思い通りにならないと不満ばかりが溜まって来てしまうのです。

最終的には離婚問題や家族崩壊にもつながりかねません。

家作りの段階で、家族のコミュニケーションをしっかり持ち、家族としてどのようなライフスタイルを理想としているのか、何故その場所に内を建てようと思ったのか、何故それぞれがその居室を欲しいと思うのか等をしっかりと話し合ってお互いの意見を聞くことが大切です。

そして、そこでしぶしぶ納得するというのではなく、「それほどまでに考えたのならいいね」とお互いの意見を尊重する言葉をかけることができるような家族であれば、必ず幸せなマイホームづくりをすることができます。

これからマイホームづくりを検討されている方、ハウスメーカーや工務店・設計事務所から提示されたプランを見て、家族で色々な夢を語り合ってください。

そして、家族全員が「これいいね!」って笑顔で話せるプランになるまで、じっくりと考えてください。

なかなか決まらないと、色々な不安も出てくるかもしれませんが、慌てて決めてしまって家族の想いが詰まっていないスカスカのお家を建ててしまっては取り返しがつきません。

それぞれの夢と希望をかなえ、かつ家族の絆を育めるマイホームを作ることができれば、虐待や引きこもりなんて言う悲しい事態を防ぐことができると僕は考えます。

今、お住まいの家のリフォームを考える時も同じです。

どこかを直したいと考えた時、家族が底を直すことで幸せになれるか、家族のえがおが想像できるか、そして本当に必要な工事なのかをじっくり考えてみてください。

もちろん、そういった想いを設計者にぶつけてくだされば、設計者は必ず話を聞いてくれるはずです。

もちろん、僕はしっかりお話を聞いて一緒に家族の絆を深めるお手伝いをさせていただきます。

この記事を書いたプロ

有限会社松林工業 [ホームページ]

一級建築士 松林秀典

三重県津市垂水1967番地 [地図]
TEL:059-226-1545

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
業務内容

・施工事業  網戸の張り替えから、戸建住宅、工場等の新築工事まで建物に関することであればどんな些細なことでもご相談ください。    工事の監理につきまし...

価格設定

基本的に建築工事のお見積り・設計プランニング(叩き台となる図面作製)は無料で対応しております。空き家を含めた不動産に関する登記や法律の相談につきましては...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
有限会社松林工業 代表の松林秀典さん

技術だけではない,法律知識と人間味・・・多角的視点でお客様へのサービスを提供!(1/3)

 三重県津市南郊エリアの住宅街を走る県道114号沿いに建つ、茶色いレンガ貼りのビルが『有限会社松林工業』です。同社は、一般住宅の新築・リフォーム建築から、工場などの建築工事をはじめ、建築物全般の設計から施工・監理までを幅広く取り扱っていま...

松林秀典プロに相談してみよう!

三重テレビ放送 マイベストプロ

多方面に渡る知識と経験、人情味豊かな建築士

会社名 : 有限会社松林工業
住所 : 三重県津市垂水1967番地 [地図]
TEL : 059-226-1545

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

仕事への誇りと自信を持ち責任を十分認識される社長さんに出会えてよかったです

筑後10年を迎え、ハウスメーカーの点検を受けたところ、将来...

T・T
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
電飾

11月に入り朝夕めっきり冷え込んできましたね。と同時にチラホラと街中で電飾を目にするようになってきました...

[ 建築家の独り言(日記) ]

地域の大人

土曜日は個人的な活動について書かせてもらっています。このコラムでもこれまで何度も紹介していますが、僕は...

[ 建築家の独り言(日記) ]

大寒

季節の事を書いている金曜日ですが、今日は大寒ですね。大寒というのは、今の時期から節分までの2週間程度の...

[ 建築家の独り言(日記) ]

傷のお手入れ

生活をしていると、床やクロスなどにちょっとした傷がついてしまうことありませんか?ちょっとしたことで、補...

[ 建築家の独り言(日記) ]

自信が付きました。

水曜日は宣伝広告的なことを書かせていただいていますが、会社事業としてこれを宣伝したいということがないので、...

[ 建築家の独り言(日記) ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ