コラム

 公開日: 2016-03-15 

不動産を守るために

先日、登記ってややこしいのでもう少し解りやすくできないかということで、人間の戸籍に当てはめて登記の解説をしたところ、思いのほか好反響でしたので、もう少し突っ込んでみたいと思います。

登記をすることで、不動産が誰の持ち物なのかをはっきりさせ、財産を守り、取引の安全性を担保するといった説明をしましたが、それだけで本当にいいのでしょうか?

登記はやりっぱなしではいけません。

前回の時にもお話ししたように、人間で言う結婚や引っ越しなどで戸籍に変化が起きるように、土地の利用状況が変われば、当然登記にも変化が起きるのです。

登記は、どこにどんな利用をされている不動産があって、その面積がどれだけで、誰の持ち物で、他にも抵当権などの権利がないかを他人に公示する制度ということを忘れないでください。

また、登記だけで安心してはいけません。

土地を正しく管理するためには、境界標の確認・地籍測量図の作成も合わせて行う必要があります。

境界標があるかないかの確認は所有者ご自身でも簡単にできることですが、それを移動させたり、勝手に好きな場所に設置することは法律に触れます。(刑法262条の2により、5年以下の懲役または50万円以下の罰金)

なので、境界標付近でブロック塀などの工事をする際は十分に注意してください。

また、こういった工事の際は境界標がなくなってしまう事例も多々あります。

境界標は自分の誕生日や結婚記念日など特別な日に確認しておくとなくなってしまう恐れも減らすことができますので、確認する癖をつけることが大切です。

また、地籍測量図という登記の際に添付する図面がありますが、この図面は境界の復元能力を担保したものです。
(古い図面の場合は間違っていることもありますが・・・)

地籍測量図の写しをご自宅に保管しておき、合わせて確認することで、より安全に境界標を守ることができます。

境界標がなくなっていた場合、土地家屋調査士の出番です。

法務局に残された登記記録を精査し、地籍測量図から境界標を復元し設置できるのは土地家屋調査士です。

勝手に設置などはしないでください。

先程の刑法に触れます。

そして、一般的に境界と呼ばれているものと、登記されている境界とは同じ様で違うことがあるからです。

登記されている境界を「筆界」と呼び、一方で思いこみの境界を「所有権界」などと呼んだりして、それらをひっくるめたモノが「境界」と呼ばれるものとなります。

「境界」についてはまた今度の機会にお話しさせていただきます。

不動産を守るために、登記は確実に行い、地籍測量図を確認しながら境界標の確認をするようにしてくださいね。

この記事を書いたプロ

有限会社松林工業 [ホームページ]

一級建築士 松林秀典

三重県津市垂水1967番地 [地図]
TEL:059-226-1545

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
業務内容

・施工事業  網戸の張り替えから、戸建住宅、工場等の新築工事まで建物に関することであればどんな些細なことでもご相談ください。    工事の監理につきまし...

価格設定

基本的に建築工事のお見積り・設計プランニング(叩き台となる図面作製)は無料で対応しております。空き家を含めた不動産に関する登記や法律の相談につきましては...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
有限会社松林工業 代表の松林秀典さん

技術だけではない,法律知識と人間味・・・多角的視点でお客様へのサービスを提供!(1/3)

 三重県津市南郊エリアの住宅街を走る県道114号沿いに建つ、茶色いレンガ貼りのビルが『有限会社松林工業』です。同社は、一般住宅の新築・リフォーム建築から、工場などの建築工事をはじめ、建築物全般の設計から施工・監理までを幅広く取り扱っていま...

松林秀典プロに相談してみよう!

三重テレビ放送 マイベストプロ

多方面に渡る知識と経験、人情味豊かな建築士

会社名 : 有限会社松林工業
住所 : 三重県津市垂水1967番地 [地図]
TEL : 059-226-1545

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

工夫した工事に感謝しています。

築年数が長いため全体的に建物が痛み限界を感じ、リフォーム...

津市K.T
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
電飾

11月に入り朝夕めっきり冷え込んできましたね。と同時にチラホラと街中で電飾を目にするようになってきました...

[ 建築家の独り言(日記) ]

聞かれたことは何か

台風去った後、さわやかな秋晴れの日が続くかと期待しているのですが、スッキリとしない日が続いていてなんだか残...

[ 建築家の独り言(日記) ]

チーム力向上

仕事においても、私生活においてもチーム力って大切だと思います。チームがまとまって行動できる力をつけるこ...

[ 建築家の独り言(日記) ]

自然に学ぶ

明日は彼岸の入りです。今日は午前中定期的な病院の日だったので、次の予定までの空き時間にお墓参りを済ませ...

[ 建築家の独り言(日記) ]

実務と違う?

設計製図の指導をしていると、時々戸惑うところとして、実務との違いがあります。実務的には、少しでも快適さ...

[ 建築家の独り言(日記) ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ