コラム

 公開日: 2016-07-02 

防災の限界

先日の熊本地震、震度6や震度7が立て続けに起こるというレアなケースにより、建物の倒壊が非常に多く見られました。

建築基準法では、「数百年に一度の地震」や「数十年に一度の地震」に対して安全性を考慮して、設計基準を定めています。

そのため、先日の熊本地震のように「数百年に一度の地震」が立て続けに起こってしまうことについては想定しておらず、倒壊に至る建物が多くなってしまったわけです。

また、地盤面の移動も激しいものでした。

どれだけ、建物に耐震補強を施しても、あそこまで地盤面が動いてしまっては、話になりません。

数日前の長崎の大雨で、家が転がり落ちていく様子が報道されていましたが、結果としてあの建物がどれだけ耐震性能が高かったとしても、地盤面が持たない状態であれば、元も子もないということがよくわかる映像だったように思います。

そこで、防災として災害を防ぐことばかり考えるのではなく、減災を考えて、いかに被害を減らすかを考えることが大切になってくるとは思いませんか。

例えば、建物から避難するタイミングを考えてみたり、避難する時に危険な通路を通らないようにする、近隣地域の住民台帳を作り、しっかりと避難ができているかをチェックする等、被災する人の身の危険を減らすことができれば、その後の復興も早くなるのではないでしょうか。

防災を意識して、色々な手段を講じておくことも大切です。

しかし、いざ被災した時にはすでに「防」災はできません。

次の生き延びる一手である、「減」災をしっかり意識して、行動できるかどうかが、被災した時にしっかり生き延びていくことができるかにつながります。

私の住む街、津は震度6が30年以内に60%以上の確率で襲ってくるというデータも出ています。

今こそ、災害を減らす意識を高め、自分自身はもちろん、地域一体となって生き延びる術を考えるタイミングではないでしょうか。

災害を減らすために何ができるのか、まずは自分の身が危険にさらされないようにするためにできることを、一度じっくり考えてみてください。

この記事を書いたプロ

有限会社松林工業 [ホームページ]

一級建築士 松林秀典

三重県津市垂水1967番地 [地図]
TEL:059-226-1545

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
業務内容

・施工事業  網戸の張り替えから、戸建住宅、工場等の新築工事まで建物に関することであればどんな些細なことでもご相談ください。    工事の監理につきまし...

価格設定

基本的に建築工事のお見積り・設計プランニング(叩き台となる図面作製)は無料で対応しております。空き家を含めた不動産に関する登記や法律の相談につきましては...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
有限会社松林工業 代表の松林秀典さん

技術だけではない,法律知識と人間味・・・多角的視点でお客様へのサービスを提供!(1/3)

 三重県津市南郊エリアの住宅街を走る県道114号沿いに建つ、茶色いレンガ貼りのビルが『有限会社松林工業』です。同社は、一般住宅の新築・リフォーム建築から、工場などの建築工事をはじめ、建築物全般の設計から施工・監理までを幅広く取り扱っていま...

松林秀典プロに相談してみよう!

三重テレビ放送 マイベストプロ

多方面に渡る知識と経験、人情味豊かな建築士

会社名 : 有限会社松林工業
住所 : 三重県津市垂水1967番地 [地図]
TEL : 059-226-1545

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

工夫した工事に感謝しています。

築年数が長いため全体的に建物が痛み限界を感じ、リフォーム...

津市K.T
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
電飾

11月に入り朝夕めっきり冷え込んできましたね。と同時にチラホラと街中で電飾を目にするようになってきました...

[ 建築家の独り言(日記) ]

自分のベストを尽くす

人には得意不得意ってありますよね。実を言うと僕は「図面を書く」のは得意ではありません。これを言うと...

[ 建築家の独り言(日記) ]

試験の後

皆さんは国家試験などが終わった後ってどのようにお過ごしでしょうか。僕は、資格学校で講師として活動をして...

[ 建築家の独り言(日記) ]

魔物と戦う

今日は土地家屋調査士の本試験が行われましたね。日建学院での一級建築士の講義終了後、担当者に「調査士試験...

[ 建築家の独り言(日記) ]

暑い夏

夏場は建築業界にとって、色々な意味で大変な時期です。まず、全ての人が思いつくこととして、外仕事が多いた...

[ 建築家の独り言(日記) ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ