コラム

 公開日: 2016-08-28 

対話が大切

仕事においても私生活においても大切なモノ、それは対話です。

お互いに何を考えているのか、言葉に発してみないとわからないことは多くあり、また話してみることで初めて自分の考えがまとまることもあります。

仕事であれば、お客様との対話はもちろんですが、職人との対話も大切です。

監督者としてのこちらの意見を押し付けるだけでなく、泰をする時間を持ち、職人の視点での意見もしっかり聞いていくことで、別の視点から物事を考えることができます。

またお客様との対話の場合、言葉にならない空気感から、お客様の要望がみえることもあったりします。

そういった部分をしっかり見つけ出すことこそが、いい仕事への第一歩かもしれないですね。

私生活であれば、家族との対話がしっかりあれば、子供のSOSはもちろん、家族間で問題ごとがあればすぐに見つけ出すことができ、幸せな家庭環境が築くことができると思います。

もちろん、なかなか話しづらいこともあると思いますが、色々なことを対話できる関係が家族はもちろん、仕事でもそのほかの場所でも作っていけると、よりよい社会が形成されるのでしょうね。

この記事を書いたプロ

有限会社松林工業 [ホームページ]

一級建築士 松林秀典

三重県津市垂水1967番地 [地図]
TEL:059-226-1545

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
業務内容

・施工事業  網戸の張り替えから、戸建住宅、工場等の新築工事まで建物に関することであればどんな些細なことでもご相談ください。    工事の監理につきまし...

価格設定

基本的に建築工事のお見積り・設計プランニング(叩き台となる図面作製)は無料で対応しております。空き家を含めた不動産に関する登記や法律の相談につきましては...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
有限会社松林工業 代表の松林秀典さん

技術だけではない,法律知識と人間味・・・多角的視点でお客様へのサービスを提供!(1/3)

 三重県津市南郊エリアの住宅街を走る県道114号沿いに建つ、茶色いレンガ貼りのビルが『有限会社松林工業』です。同社は、一般住宅の新築・リフォーム建築から、工場などの建築工事をはじめ、建築物全般の設計から施工・監理までを幅広く取り扱っていま...

松林秀典プロに相談してみよう!

三重テレビ放送 マイベストプロ

多方面に渡る知識と経験、人情味豊かな建築士

会社名 : 有限会社松林工業
住所 : 三重県津市垂水1967番地 [地図]
TEL : 059-226-1545

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

仕事への誇りと自信を持ち責任を十分認識される社長さんに出会えてよかったです

筑後10年を迎え、ハウスメーカーの点検を受けたところ、将来...

T・T
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
電飾

11月に入り朝夕めっきり冷え込んできましたね。と同時にチラホラと街中で電飾を目にするようになってきました...

[ 建築家の独り言(日記) ]

資格試験と実務

一級建築士や一級建築施工監理技術者、一級土木施工監理技術者といった資格試験にはある一定の実務経験が受験の際...

[ 建築家の独り言(日記) ]

冬に向けての準備

明日は彼岸の中日、秋分の日ですね。まだまだ日中は暑い日もありますが、朝晩は上着が一枚欲しいかなと思うく...

[ 建築家の独り言(日記) ]

聞かれたことは何か

台風去った後、さわやかな秋晴れの日が続くかと期待しているのですが、スッキリとしない日が続いていてなんだか残...

[ 建築家の独り言(日記) ]

チーム力向上

仕事においても、私生活においてもチーム力って大切だと思います。チームがまとまって行動できる力をつけるこ...

[ 建築家の独り言(日記) ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ