コラム

 公開日: 2018-05-06 

時間的価値観と子供の感覚

今日でゴールデンウィークもおしまいですね。

僕はというと、現場が楽に終わった分休みが取れるかと思っていましたが、予想していなかった仕事が入ったりして、結局あまり休めないままに終わってしまいました。

とはいえ、昨日の子供の日は子供達と過ごす時間を少しは取れたと思います。

さてその子供の日ですが、本来の意味をご存知でしょうか。

祝日法によると「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」と記されています。

母親への感謝が大切な要素の日だったのですね。

とはいえ、5月5日が子供の日となった経緯は、古来から端午の節句として男の子の健やかな成長を願う行事があったことからです。

そんな子供の行動と言えば、時間に対する感覚って適当な感じだったりするように思いませんか。

時間感覚が適当という意味で、よくある光景として、「ちょっと遊びに行ってくるね。すぐ帰ってくるから。」なんて出かけた子供がいつまでたっても帰ってこなくて、親は不安で仕方ない。1時間ほどして帰ってきた子供は平然と「寄り道しちゃって遅くなっちゃった。」なんて口にして、親からこっぴどく怒られるなんて話があります。

「すぐ」という言葉が、子どもと大人の時間感覚に違いがあるため、子供が怒られてしまう結果につながるのですが、
「すぐ」っていったいどのくらいの時間を示しているのでしょうか。

これは、人それぞれで違いますよね。

5分が「すぐ」という人もいれば、30分でもOKという人もいるでしょう。この価値観を子供達に押し付けることは、少し問題があるようにも思います。

ところで、「すぐ」の本来の意味を調べてみると、

すぐ【▽直ぐ】 の意味
出典:デジタル大辞泉

[形動][文][ナリ]
1 物の形などが、直線的で曲がっていないさま。「百折れ千折れ、五間とは―に続かぬ坂道を」〈漱石・虞美人草〉
2 人の性質などがまっすぐであるさま。正直。すなお。「―な心の持ち主」
3 ありのままであるさま。「―に知らせ奉ってはあしかりなん」〈平家・二〉

[副]
1 時間をおかないさま。ただちに。「連絡があれば―対応する」「兄は―と威丈高 (いたけだか) に母へ食ってかかりました」〈芥川・雛〉
2 手数がかからないさま。容易に。簡単に。「交番で聞けば道順は―わかります」「この問題なら―解ける」
3 距離的に離れていないさま。「店は―目の前にある」「―近くで火事が出る」→直ぐと →直ぐに

なんと、時間的な概念よりも先に「まっすぐ」という意味が出てくるのです。

つまり、「すぐ」という感覚を時間的な要素で考えるからこそ、子供と大人で(大人同士・子供同士でも)価値観の押しつけになってしまうと考えることができるのです。

じゃあ、「すぐ帰る」と言われたら、どう対応するべきなのか。

「すぐ」という意味が「直線的」というのですから、「寄り道しないで帰ってくること」という認識をすることが大切なのでしょう。

自分の思いより遅くなろうが、寄り道をせず、目的を果たしてまっすぐ帰ってきたならば、「すぐ帰ってきた」と認めてあげることが大切になります。

今回の例に挙げた子供の場合は、「寄り道」してたので怒られる結果には違いありませんが、「すぐ帰る」の言葉に時間的な概念を当てはめるのではなく、行動的な考えをもって見ると価値観を押し付けることなく、相手を受け入れることができるのではないでしょうか。

子供の時間感覚はあくまで適当という話から、若干それてしまった感じはありますが、こういった切り口から子供達の価値観を大人目線ではない所で受け入れてみるのも面白いかもしれませんね。

この記事を書いたプロ

有限会社松林工業 [ホームページ]

一級建築士 松林秀典

三重県津市垂水1967番地 [地図]
TEL:059-226-1545

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
業務内容

・施工事業  網戸の張り替えから、戸建住宅、工場等の新築工事まで建物に関することであればどんな些細なことでもご相談ください。    工事の監理につきまし...

価格設定

基本的に建築工事のお見積り・設計プランニング(叩き台となる図面作製)は無料で対応しております。空き家を含めた不動産に関する登記や法律の相談につきましては...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
有限会社松林工業 代表の松林秀典さん

技術だけではない,法律知識と人間味・・・多角的視点でお客様へのサービスを提供!(1/3)

 三重県津市南郊エリアの住宅街を走る県道114号沿いに建つ、茶色いレンガ貼りのビルが『有限会社松林工業』です。同社は、一般住宅の新築・リフォーム建築から、工場などの建築工事をはじめ、建築物全般の設計から施工・監理までを幅広く取り扱っていま...

松林秀典プロに相談してみよう!

三重テレビ放送 マイベストプロ

多方面に渡る知識と経験、人情味豊かな建築士

会社名 : 有限会社松林工業
住所 : 三重県津市垂水1967番地 [地図]
TEL : 059-226-1545

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

寒い季節の工事、本当にありがとうございました。

築25年が経過し、外壁はもちろんの事、屋根の色あせがひどく...

S
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
電飾

11月に入り朝夕めっきり冷え込んできましたね。と同時にチラホラと街中で電飾を目にするようになってきました...

[ 建築家の独り言(日記) ]

カビ対策について

梅雨のシーズンが近付いてきました。この季節は特にですが、そうでなくても浴室のカビは気になるところですよ...

[ 建築家の独り言(日記) ]

ガーデニング

ガーデニングが好きという方もたくさんみえると思いますが、庭があるとどうしても気になるのが虫。綺麗な花を...

[ 建築家の独り言(日記) ]

建築と子育て

建築というのは、建物だけではなく街を作ることも仕事だと考えています。建物や道路が整備されていけば、当然...

[ 建築家の独り言(日記) ]

単位

最近2年生になる次女が、算数で定規で長さを測ることを学んできたり、4年生の長女が180°を越える角度を学んだ...

[ 建築家の独り言(日記) ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ