>   >   >   >   >   >  建築家の独り言(日記)

コラム一覧 :建築家の独り言(日記)

1件~15件(1,144件)

過去の15件

自信が付きました。

水曜日は宣伝広告的なことを書かせていただいていますが、会社事業としてこれを宣伝したいということがないので、今日は僕自身の宣伝をさせてください。日建学院さんの方で、一級建築士講座の講師や土地家屋調査士講座の添削をさせていただいていることは以前からこちらでもお伝えしていますが... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-01-18

建設業って

新築やリフォームを考えるときまずは業者を選びますよね。けど、業者はたくさんあります。そこからどうやって業者を選ぶのかって大きな問題だと思います。まず第一、建設業に種類があることご存知でしょうか?一口に建設業といっても実は26専門業種で28の種類に分類されています。... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-01-17

資格者を育てる

僕は一級建築士や土地家屋調査士といった資格を保有していますが、本職は施工業者という自負があるので、実際の実務としては必要ないと言っても過言ではないほど、資格を利用しなくてはいけない場面に直面することはあまりありません。しかし、同じ施工業者で一級建築士・土地家屋調査士・一級... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-01-16

笑顔の現場作り

今朝は大雪となりましたが、事故に巻き込まれたり、お家に何らかの被害があったりなどはなかったでしょうか?今朝は現場へ向かう途中に何度もスリップしそうになってしまい、かなり緊張して運転をしました。今日はこんな天気なので、現場は中止と思っていたのですが、職人がどうしても現場... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-01-15

今年も始まりました。

個人的な活動を書いている土曜日です。今年も早速受験指導が始まりました。手始めは、土地家屋調査士講座の添削です。今年から日建学院も通信講座というものを開設したとのことで、いつ届くかわからない添削を、届いたものから順次僕の方に添削依頼が送られてくるということです。... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-01-14

寒波対策と乾燥対策

季節ネタを書いている金曜日です。今週末は寒波に見舞われる予報が出ていますね。そして、週末は大学入試センター試験が行われます。例年、この時期には寒波のニュースが流れ、受験生にとってはヒヤヒヤする季節とも言えますね。そして、先週紹介したお七夜もいよいよ16日まで残り... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-01-13

効果的な暖房器具の設置場所

木曜日は○得テクニックということで、今日は今週末に来るという寒波に備え、効果的な暖房テクニックをお伝えしたいと思います。今年のお正月はすごく温かかったですが、今週末は雪が降るかもなんて言う予報も出るくらいの寒波が来ているとのことです。そこで、ちょっとでもお部屋を効率的に... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-01-12

イルミネーション点灯期間のお知らせ

ここでお知らせするほどのことではありませんが、当社で冬の間行っておりますイルミネーション企画が明日をもちまして今シーズンは終了となります。毎年、僕の長女の誕生日が11月8日、次女の誕生日が1月12日ということで、この期間冬の夜を彩らせていただいております。今年は多くの方から... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-01-11

中古物件と向き合う

新しい住まいは新築が理想かもしれませんが、立地条件や敷地の大きさ、希望の間取りなどを考えると中古物件の購入も選択肢の一つとしては有効です。空き家問題がこれほどまで深刻になっている今だからこそ、中古物件の購入はお得にいい物件を手に入れることができる可能性も非常に高いです。... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-01-10

土地家屋調査士とは?

このコラムで、ちょくちょく紹介している内容なのですが、そもそも土地家屋調査士って国家資格が何なのか、名前すら知らないって方も多いのではないでしょうか?よく似た業務をする資格として、司法書士は有名なんですけどね。まあ、ぶっちゃけて言えば土地家屋調査士ってどんな人かってい... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-01-09

成長

仕事って、お客様の要望に応え、お客様のためにする行為と考えがちですが、僕はもう一つ大きな意味をもってとらえています。それは自分自身の成長です。同じ様な内容の仕事でも、現場によって条件が違うため、いつも同じ手順でできるものではありません。その都度、色々なことを考え、... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-01-08

今年の活動予定

土曜日は個人的な活動について書いてきておりますが、新年最初ということで今年の活動の予定を書いていきたいと思います。まず、副業としての日建学院さんでの講師については、継続させていただきたいと思っています。僕が思っていても正式なオファーがないとこればかりはどうしようもない... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-01-07

いよいよ

季節ネタを書いている金曜日です。新年1回目は、明日7日の七草について書くのもいいかと思ったのですが、それよりもどうしても書きたいことがあります。それは、9日から16日まで津市にある真宗高田派の総本山高田本山専修寺(せんじゅじ)にてお七夜報恩講が行われます。お七夜と... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-01-06

時間の使い方

昨日や今日あたりから、年明けの仕事始めという方も多いことでしょう。長期の休み明けということもあり、どうしてもなにから手をつけていいか悩んだり、仕事が溜まっていたりと、どうやっても時間が足りないと悩む方も多いのではないでしょうか。僕も、たくさんの物事に手をつける方なので... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-01-05

新年の御挨拶

3が日も明け、今日からお仕事という方も多いのでしょうか?僕は昨日今日と家族旅行を予定していたのですが、長男がインフルエンザになってしまい、予定を断念して家で休みを過ごすという日々になっています。明日まで業務はお休みして明後日から本格稼働を予定していますが、昨年末からのカ... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-01-04

1件~15件(1,144件)

過去の15件

RSS
業務内容

・施工事業  網戸の張り替えから、戸建住宅、工場等の新築工事まで建物に関することであればどんな些細なことでもご相談ください。    工事の監理につきまし...

価格設定

基本的に建築工事のお見積り・設計プランニング(叩き台となる図面作製)は無料で対応しております。空き家を含めた不動産に関する登記や法律の相談につきましては...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
有限会社松林工業 代表の松林秀典さん

技術だけではない,法律知識と人間味・・・多角的視点でお客様へのサービスを提供!(1/3)

 三重県津市南郊エリアの住宅街を走る県道114号沿いに建つ、茶色いレンガ貼りのビルが『有限会社松林工業』です。同社は、一般住宅の新築・リフォーム建築から、工場などの建築工事をはじめ、建築物全般の設計から施工・監理までを幅広く取り扱っていま...

松林秀典プロに相談してみよう!

三重テレビ放送 マイベストプロ

多方面に渡る知識と経験、人情味豊かな建築士

会社名 : 有限会社松林工業
住所 : 三重県津市垂水1967番地 [地図]
TEL : 059-226-1545

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

細かい現場監理が素敵な仕上がりにしてくださいました!

外壁・屋根塗装のリフォームを大手ハウスメーカー様から勧め...

T.S
  • 20代/男性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
電飾

11月に入り朝夕めっきり冷え込んできましたね。と同時にチラホラと街中で電飾を目にするようになってきました...

[ 建築家の独り言(日記) ]

自信が付きました。

水曜日は宣伝広告的なことを書かせていただいていますが、会社事業としてこれを宣伝したいということがないので、...

[ 建築家の独り言(日記) ]

建設業って

新築やリフォームを考えるときまずは業者を選びますよね。けど、業者はたくさんあります。そこからどうや...

[ 建築家の独り言(日記) ]

資格者を育てる

僕は一級建築士や土地家屋調査士といった資格を保有していますが、本職は施工業者という自負があるので、実際の実...

[ 建築家の独り言(日記) ]

笑顔の現場作り

今朝は大雪となりましたが、事故に巻き込まれたり、お家に何らかの被害があったりなどはなかったでしょうか?...

[ 建築家の独り言(日記) ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ