>   >   >   >   >   >  建築家の独り言(日記)

コラム一覧 :建築家の独り言(日記)

46件~60件(1,509件)

新しいの15件

過去の15件

省エネと給湯

日に日に寒くなってきましたね。台所の洗い物などでもお湯を使うことが増えてくるこの時期ですが、ご家庭で使うエネルギー消費の中で一番消費量が高いものをご存知ですか?それは、エアコンや照明ではなく、給湯に使用するエネルギーなんです。実を言うと、給湯に使うエネルギーは家庭... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-12-04

経験と振り返り

昨日のボランタリーフォーラムでの登壇は非常にいい経験を積む場となりました。同じ時間帯に6つのブースでの講演が聴けるということで、聴衆は自分の興味を惹く語り手の場所を自由に選ぶことができるため、パンフレットに書かれている自分自身の想いがしっかりと伝わる文章であることが、聴衆... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-12-03

ボランタリーな一日

今日はいよいよ三重ボランタリーフォーラム2017当日となりました。実を言うと、15分間話す内容については全くまとまっていません。今まで、色々な場所で講話をさせていただいたり、講義をさせていただく機会を持たせていただきましたが、会場の様子もわからない、聴衆の人数も、年齢... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-12-02

来年に向けて

今日から12月です。今年も残すところ31日しかありません。今年立てた目標について反省をして、来年をいい形でスタートできるように準備を進めていかなくてはいけませんね。、僕としては、来年は大きな挑戦を控える年となりそうです。人から見れば、大それたことでもないのかも... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-12-01

慌てないことが早さの秘訣

今日で11月も終わり、明日から12月。大掃除に、年始用の物の買い出し、今年中にやっておきたいことの総仕上げなど、お坊さんが忙しく走り回るなんてことから師走ともいわれるくらい、忙しい時期になってきますね。仕事に限ったコトではないですが、忙しいとついつい慌てて物事を決断してし... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-11-30

次世代との接点

昨日は子供の通う保育園の保護者会行事として、人形劇を行っていただく短大の学生さんたちと打ち合わせをさせていただきました。実を言うとぴたゼミという地域活動と学生をマッチングさせるという三重県の事業を活用して、保育園で人形劇をしていただける学生さんを募集させていただいて、今回... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-11-29

「間」の取り方

タイトルですが「間」と言っても、建物の間取りなどの「間」ではありません。一級建築士の講師として日建学院さんとは長い付き合いをしてきていますが、話と話の「間」というものについて、講義の際に意識していなかったなと、今日は改めて考えさせられる時間となりました。今日はコーチン... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-11-28

ボランティアと僕

今週末の12月2日は三重ボランタリーフォーラムという場で、伝えて繋がる私とボランティアということで、15分間という時間ですが、僕とボランティアについて他たくさんのボランティア経験者の皆さんと共に登壇させていただく機会を頂いています。僕自身がそれほど語れるほど、ボランティア... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-11-27

男性の育児参加

昨日は三重県の方にお誘いを受け、男性の子育て応援講座に参加してきました。内容は「子供のやる気を引き出すコーチングスキル」ということで、ちょうど僕自身が今学びを深めているコーチングに特化したものでした。切り口は違えども、コーチングというものには変わりなく、3大スキルであ... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-11-26

地域防災

昨日は小学校へ読み聞かせボランティアに行ってきました。4月に入学した1年生の子供達も、すっかり僕の顔を覚えてくれて、とても嬉しそうに迎え入れてくれることは、ボランティアをやっていて良かったと感じることの一つです。そんな様子を小学校のHPで見てくれていた、地域の高齢者の方... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-11-25

決意

11月も終盤に入り、年末に向けての準備に忙しい時期となってきました。と同時に、新しい年への準備も当然始まってきます。来年は、本業を例年通りこなしていくことに加え、絵本作家のぶみさんを津に呼び講演会を開催するという大きなプロジェクトを計画しており、こちらの方は会場が決ま... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-11-24

地域と共に

昨日は小学校の子供達と給食を一緒に食べるという時間を過ごし、普段から強く思っている「地域と歩む」という気持ちがますます強くなりました。僕は、子供は地域の大人を見て育っていくと思います。小学校に通う子供達にとって、地域の大人は将来の自分がなりたいものを見つける、一番身近... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-11-23

給食

今日は小学校のボランティアの方へのお礼ということで、1年生の子供達と給食を一緒に食べるというイベントに参加させていただきました。普段一緒に活動することのないボランティアの方達とも顔を合わせ、子供たちへの皆さんの思いなどを聞いたりする時間というのはとても貴重で、これから地域... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-11-22

体力も大切

今日はコーチングインストラクターの講座に出席してきました。今日のテーマはボイストレーニング。昨年、津市主催の講座で「大人のための音読練習」というものを受講したことはありましたが、本格的なボイストレーニングはこれが初めてと言ってもいいと思います。そして、今日の講座の... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-11-21

日没の時間

一年で一番昼の時間が短いのは「冬至」ですが、実は一年で一番日の入り(日没)時刻が早いのは11月の下旬から12月の始めあたりなんです。なので、今ぐらいの時期になると夕方日が沈むのがとても速く感じます。子供達はあまりそういった感覚が身についていないので、気軽に学校から帰っ... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-11-20

46件~60件(1,509件)

新しいの15件

過去の15件

RSS
業務内容

・施工事業  網戸の張り替えから、戸建住宅、工場等の新築工事まで建物に関することであればどんな些細なことでもご相談ください。    工事の監理につきまし...

価格設定

基本的に建築工事のお見積り・設計プランニング(叩き台となる図面作製)は無料で対応しております。空き家を含めた不動産に関する登記や法律の相談につきましては...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
有限会社松林工業 代表の松林秀典さん

技術だけではない,法律知識と人間味・・・多角的視点でお客様へのサービスを提供!(1/3)

 三重県津市南郊エリアの住宅街を走る県道114号沿いに建つ、茶色いレンガ貼りのビルが『有限会社松林工業』です。同社は、一般住宅の新築・リフォーム建築から、工場などの建築工事をはじめ、建築物全般の設計から施工・監理までを幅広く取り扱っていま...

松林秀典プロに相談してみよう!

三重テレビ放送 マイベストプロ

多方面に渡る知識と経験、人情味豊かな建築士

会社名 : 有限会社松林工業
住所 : 三重県津市垂水1967番地 [地図]
TEL : 059-226-1545

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

寒い季節の工事、本当にありがとうございました。

築25年が経過し、外壁はもちろんの事、屋根の色あせがひどく...

S
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
電飾

11月に入り朝夕めっきり冷え込んできましたね。と同時にチラホラと街中で電飾を目にするようになってきました...

[ 建築家の独り言(日記) ]

期待

昨日は名古屋でソーシャルイントラプレナー養成講座に参加した後、日建学院さんで一級建築士の講師会議に参加して...

[ 建築家の独り言(日記) ]

ソーシャルイントラプレナー

今日のタイトルは、なんだか意味が良くわからないという人も多いかと思います。僕自身もこの言葉の意味をしっ...

[ 建築家の独り言(日記) ]

和顔愛護の精神

皆さんは和顔愛語(わがんあいご)という言葉をご存知でしょうか。お釈迦様の言葉で、和顔とは穏やかな顔を、...

[ 建築家の独り言(日記) ]

父親の育児と地域社会と働き方

日頃から、地域の大人が子供達に対し、「将来この街に戻って生活したい」と考えるような街づくり・地域づくりが必...

[ 建築家の独り言(日記) ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ