>   >   >   >   >   >  建築家の独り言(日記)

コラム一覧 :建築家の独り言(日記)

106件~120件(1,509件)

新しいの15件

過去の15件

仲秋の名月

昨日は仲秋の名月でしたね。お月見を楽しんだという方も多かったことかと思います。僕はというと日建学院さんの一級建築士の講義の帰りに、歩きながら雲の隙間から顔を出すキレイな月を眺めることができました。さてこの仲秋の名月ですが、実は満月と重なることはほとんどないんですよ... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-10-05

ついに最後の日

日建学院様の一級建築士設計製図対策講義が今日の講義でついに最終びを迎えます。8日日曜日の本試験を目前に控え、長い様で短かった2ヶ月間の講義がいよいよ幕を閉じます。初受験の受講生が多く、また受講生の人数も昨年の3倍近い人数という今年は、僕にとってかなり大変な指導となりました... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-10-04

司会進行

昨日は初めてのプレゼンに挑戦するというお話を書きましたが、実は今日小学校で行われる研修会の司会進行を務めることになりました。自分が講師として、他の方の進行の元お話しさせていただくことはあっても、他の講師の方の公園の司会をするというのは未経験のことなので、若干緊張しています... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-10-03

ボランティアを語る

12月にみえボランタリーフォーラム2017という三重県社会福祉協議会が主催するイベントがあるのですが、この度そちらの場で僕自身のボランティアについての想いをプレゼンさせていただこうと、エントリーする運びとなりました。僕自身は小学校の読み聞かせボランティアとして2年間活動を続け... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-10-02

最後の一週間

いよいよ建築士試験まで残り一週間となりました。日建学院の講習も本講義(日曜コース)は今日で最後。後は火曜日の夜間に2時間余りの講義と水曜日の本講義、さらにはその夜の夜間講義を残すのみとなってきました。建築士試験は六時間半という時間で与えられた課題文に適合した建築物... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-10-01

迷った時はいつも通りに

色々な場面で判断・決断は必要になりますよね。僕自身、今現在少し迷いがあり、どこでどのような決断を下すか、判断するかを悩んでいる状況です。先日、少し気分転換に出かけた時は、色々な神様を見ていると気持ちが落ち着くと感じるぐらいだったので、自分自身相当心に迷いがあるんだなと... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-09-30

不動産を本当の資産に

空き家問題についてはこのコラムでも何度か触れていることでもあります。空き家に限らず、不動産はしっかりとした管理がされている必要があります。管理がされている不動産は、資産としての価値も高くなりますが、管理が不十分だとその資産価値が急落してしまうこともあります。管理と... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-09-29

僕ができること

一級建築士の本試験までいよいよ残すところ10日ほどとなってきました。受験される方にとっては、ここから何をどうすればいいのか、途方に暮れる時期だったりするのかもしれませんね。僕自身、指導者として日建学院さんの方で一級建築士受験生を相手させていただいていますが、指導者がで... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-09-28

季節を感じる

彼岸もあけましたが、暑さ寒さも彼岸までなんて言葉もあるように、つい先日までの暑さはどこへ行ったのか、朝晩は少し肌寒さも感じるようになってきましたね。さて、彼岸の期間中に「おはぎ」を召し上がった方も多いのではないでしょうか?さて、この「おはぎ」時には「ぼたもち」と言われ... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-09-27

疲れ

夏から秋へと気候が次第に変わりつつあるこの時期、疲れが出て体調を崩しやすい時期でもあります。僕自身は、今のところ大丈夫ですが、少し心の面で疲れが出ているのかな?と感じるところはあったりします。人間はもちろんですが、建物も夏場の暑さやゲリラ豪雨・台風などに耐え我々の生活... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-09-26

忘れてはいけないこと

仕事をしていて忘れてはいけないことの一つ、というか一番忘れてはいけないことは、お客様の想いをしっかりと聞き、できる限り反映することだと思います。その点は、一級建築士の製図試験でも同じことなのですが、受験生にとってはその大事なところを忘れてしまいがちになってしまう部分だった... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-09-25

軸からブレない

いきなりですが、一級建築士の試験は6時間半という長丁場で行われます。試験合格のためには、この6時間半という時間をいかにうまく使うかがカギになるのですが、それには自分自身の考えのブレをなくすことが大切です。物事に失敗する時のことを考えてみると、「これをしなくちゃいけ... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-09-24

資格試験と実務

一級建築士や一級建築施工監理技術者、一級土木施工監理技術者といった資格試験にはある一定の実務経験が受験の際に必要となります。受験生にとっては受験資格として実務経験が必要なのですが、いざ受験する際にこの実k無の経験が邪魔になることが多々あったりするんです。というのも、資格... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-09-23

冬に向けての準備

明日は彼岸の中日、秋分の日ですね。まだまだ日中は暑い日もありますが、朝晩は上着が一枚欲しいかなと思うくらいの気候になってきました。となると、夏場に省エネ対策で作った緑のカーテンや、ヨシズ達とはそろそろお別れの時期ともいえるのではないでしょうか?これからの冬にかけて... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-09-22

聞かれたことは何か

台風去った後、さわやかな秋晴れの日が続くかと期待しているのですが、スッキリとしない日が続いていてなんだか残念な感じですが、今日は一日お天気がよさそうな感じですね。さて、実を言うと建築業界は、10月に国家試験ラッシュを迎えます。。僕が指導している一級建築士をはじめ、一級... 続きを読む

建築家の独り言(日記)

2017-09-21

106件~120件(1,509件)

新しいの15件

過去の15件

RSS
業務内容

・施工事業  網戸の張り替えから、戸建住宅、工場等の新築工事まで建物に関することであればどんな些細なことでもご相談ください。    工事の監理につきまし...

価格設定

基本的に建築工事のお見積り・設計プランニング(叩き台となる図面作製)は無料で対応しております。空き家を含めた不動産に関する登記や法律の相談につきましては...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
有限会社松林工業 代表の松林秀典さん

技術だけではない,法律知識と人間味・・・多角的視点でお客様へのサービスを提供!(1/3)

 三重県津市南郊エリアの住宅街を走る県道114号沿いに建つ、茶色いレンガ貼りのビルが『有限会社松林工業』です。同社は、一般住宅の新築・リフォーム建築から、工場などの建築工事をはじめ、建築物全般の設計から施工・監理までを幅広く取り扱っていま...

松林秀典プロに相談してみよう!

三重テレビ放送 マイベストプロ

多方面に渡る知識と経験、人情味豊かな建築士

会社名 : 有限会社松林工業
住所 : 三重県津市垂水1967番地 [地図]
TEL : 059-226-1545

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

059-226-1545

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松林秀典(まつばやしひでのり)

有限会社松林工業

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

人柄の良さに安心できました

浄化槽を新設することになり、このタイミングでダイニングキ...

海野茂
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
電飾

11月に入り朝夕めっきり冷え込んできましたね。と同時にチラホラと街中で電飾を目にするようになってきました...

[ 建築家の独り言(日記) ]

期待

昨日は名古屋でソーシャルイントラプレナー養成講座に参加した後、日建学院さんで一級建築士の講師会議に参加して...

[ 建築家の独り言(日記) ]

ソーシャルイントラプレナー

今日のタイトルは、なんだか意味が良くわからないという人も多いかと思います。僕自身もこの言葉の意味をしっ...

[ 建築家の独り言(日記) ]

和顔愛護の精神

皆さんは和顔愛語(わがんあいご)という言葉をご存知でしょうか。お釈迦様の言葉で、和顔とは穏やかな顔を、...

[ 建築家の独り言(日記) ]

父親の育児と地域社会と働き方

日頃から、地域の大人が子供達に対し、「将来この街に戻って生活したい」と考えるような街づくり・地域づくりが必...

[ 建築家の独り言(日記) ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ