23年の塗装工経験で創る品質、速さ、正確さで勝負するプロ

コラム

 公開日: 2017-05-10 

外壁塗装の役割と塗料の種類

物の表面を覆い保護するための塗膜を作ったり、外観を良くしたりする役割がある塗料。

塗料は、配合する溶剤によって樹脂などを溶かし流動性を保持したり、結合剤によって硬化する性質をもったりします。

結合剤には、フッ素樹脂をはじめ、エポキシ樹脂、アクリル樹脂、ポリウレタン樹脂、アクリルシリコン樹脂などといった合成樹脂を使用。

顔料は塗料の外観を整える性質があり、添加剤には塗料の性質に影響を及ぼします。

外壁塗装に使われる塗料には、アクリル樹脂塗料、ウレタン樹脂塗料、シリコン樹脂塗料、フッ素樹脂塗料などの種類があります。

塗料に含まれる成分と外壁塗装の主な役割や機能

塗装工事などに使われる塗料は、配合する結合剤をはじめ、溶剤、添加剤、顔料などの比率によって性質や性能が変化し、数多くの種類に分けられます。

例えば、断熱性に優れる塗料にするためには、セラミックでできたビーズを配合します。
錆止め塗料にするためには、鉛を化合した物質である赤い粉を配合します。

これらの塗料以外にも日光を反射させたり、電波障害にも対応できたりする機能を持ったものもあります。

このように塗料は色々な機能がありますが、塗料の主な目的は、物の表面を覆い保護する塗膜を作ったり、外観を良くしたりすることです。

昔は自然界にある鉱物を原料にした美しい塗料が多くありましたが、現在では、アクリル塗料をはじめ、フッ素塗料、エポキシ塗料などが開発され使われるようになりました。

塗料に配合される溶剤、結合剤、顔料、添加剤について

希釈剤とも称される溶剤は、樹脂などを溶かし流動性をもたせるために塗料に配合します。
シンナーの他、アルコール、エーテル、ケトン、エステルなどが、合成樹脂系の塗料の溶剤に使われます。一方、水は水性塗料の溶剤に使用します。

ビビクルとも呼ばれる結合剤は、塗料に硬化させる性質を与える成分で、塗装機能の優劣に大きく影響します。
この結合剤の種類によって、柔軟性や耐久性などといった塗料機能が決定します。
フッ素樹脂をはじめ、エポキシ樹脂、アクリル樹脂、ポリウレタン樹脂、アクリルシリコン樹脂などといった合成樹脂が結合剤に使われています。

色のついた物質の総称である顔料は、粉末状で水には溶けずに、耐候性に優れています。
顔料によって塗料の外観を整える性質が決定します。

顔料は大きく無機顔料と有機顔料に大別され、無機顔料には鉱物や金属、有機顔料には発色成分を含有しています。

塗料の中にわずかしか含まれない添加剤ですが、塗料の性質に影響を及ぼす物質です。

添加剤には、湿潤剤をはじめ、防腐剤、安定剤、乾燥剤などの種類があります。
湿潤剤を混ぜると顔料と結合剤のなじみが格段に良くなります。

塗料の種類(アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素)

外壁塗装によく使われる塗料には、主にアクリル樹脂塗料をはじめ、ウレタン樹脂塗料、シリコン樹脂塗料、フッ素樹脂塗料といった種類があります。

外壁塗装に使われる塗料の中でも、最も安い値段で入手できるアクリル樹脂塗料。
この塗料を塗布した後の耐久年数は5~6年程度だといわれています。

価格と性能のバランスが良いウレタン樹脂塗料は、良質な塗料として知られています。
この塗料を塗布した後の耐久年数は7~8年程度だといわれています。

高級な塗料として知られるシリコン樹脂塗料。
耐久性があり、長期的な観点でみるとコスト・パフォーマンスにも優れているといわれています。
この塗料を塗布した後の耐久年数は10~12年程度だといわれています。

最高級な塗料として知られるフッ素樹脂塗料は、最も耐久性に優れる塗料として評判ですが、価格が非常に高いため、一般の住宅の塗装には向いていません。
この塗料を塗布した後の耐久年数は15~18年程度だといわれています。

各塗料メーカーの塗料について

塗料と一口にいっても、各塗料メーカーから色々な種類が発売されており、関西ペイントのアレスセラアクリルの他に、エスケー化研の水性コンポアクリル、恒和化学工業のビフレッシュアクリル、菊水化学工業のビュートップアクリルといったアクリル樹脂の外壁仕上げ材があります。

また、関西ペイントのセラMレタンをはじめ、エスケー化研のクリーンマイルドウレタン、日本ペイントのファインウレタンU100、ロックペイントのエバーロックウレタンといったウレタン樹脂の外壁仕上げ材もあります。

さらに、関西ペイントのセラMシリコンをはじめ、エスケー化研のクリーンマイルドシリコン、恒和化学工業のナチュラルシリコン、日本ペイントのファインシリコンフレッシュ、ロックペイントのユメロックといったシリコン樹脂の外壁仕上げ材もあります。

関西ペイントのアレスセラフッソの他に、エスケー化研のセラタイトF、恒和化学工業のビフレッシュフッソ、日本ペイントのデュフロン4Fルーフ、ロックペイントのサンフロンといったフッ素樹脂の外壁仕上げ材もあります。

関西ペイントのアレスホルダーZをはじめ、エスケー化研の水性ソフトサーフSG、恒和化学工業のアクレスフィラー、日本ペイントの弾性エクセル、ロックペイントのエラスティックフィラーといった微弾性フィラーの外壁仕上げ材もあります。

この記事を書いたプロ

明彩塗装 [ホームページ]

室内装飾業 髙橋亮

三重県松阪市小黒田町658-3 [地図]
TEL:0598-31-1751

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
明彩塗装 髙橋 亮さん

住宅の外壁だけでなく、顧客と従業員の笑顔も明るく彩る(1/3)

「あかるく いろどる」をキャッチフレーズに松阪市を中心に県内全域で実績を積む『明彩塗装』。お嬢さまのお名前で構成された屋号が、アットホームな印象を醸し出します。代表・髙橋亮さん(41)はこの道に入って23年のキャリアを持つ塗装工のベテランで...

髙橋亮プロに相談してみよう!

三重テレビ放送 マイベストプロ

20年を超える実務経験と豊富な建築知識でアドバイスできる強み

会社名 : 明彩塗装
住所 : 三重県松阪市小黒田町658-3 [地図]
TEL : 0598-31-1751

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0598-31-1751

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

髙橋亮(たかはしりょう)

明彩塗装

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
外壁の色を選ぶステップと選び方の注意点

外壁の色を選ぶ過程にはいくつかのステップがあります。ステップ1では、近隣にある住宅の外壁とも調和のとれる...

[ 外壁の色選び ]

無機塗料とは?有機塗料との違い、メリットデメリットなど

塗料には無機塗料と有機塗料があります。簡単に言うと、無機塗料は鉱物など無機物が含まれると塗料で、有機塗料は...

[ 外壁塗料 ]

外壁や屋根の塗料の1液型と2液型の違いは?

塗料にはグレードがあり、グレードごとに水性や油性といったタイプがあります。さらに1液型、2液型に分けられます...

[ 外壁塗料 ]

低価格だけど劣化も早い!? アクリル塗料の特徴

アクリル塗料は、昔はトタン張りの外壁が多かったことと、他に塗料が無かったことからよく使われていましたが、最...

[ 外壁塗料 ]

適材適所で使うべし!ウレタン塗料の特徴

柔らかい塗膜を形成し、密着性に優れるウレタン塗料は種類も多く安価なので、最近では木材や塩ビ製の雨どいなど細...

[ 外壁塗料 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ