23年の塗装工経験で創る品質、速さ、正確さで勝負するプロ

コラム

 公開日: 2018-02-25 

外壁の塗り替えをしないと防水機能が低下する

外壁塗装は艶が無くなったら、防水性能が低くなっている証拠と考えていいでしょう。防水効果が低下し、湿気を含んだ外壁が、日光が当たり乾燥してゆがむと亀裂が発生します。

このタイミングで外壁塗装を行えば90万円以内の費用で済みますが、雨水がひびなどから侵入し断熱材まで達してしまうと外壁塗装とは別に、60万~200万円の修繕費用が必要になる可能性があります。

建物の基礎に修繕には50万円以上、白アリが発生すると駆除に10万~50万円程度かかる場合があります。

建物の解体費用は木造の建物の場合150万円以上、鉄骨の住宅の場合300万円以上発生する場合がありますので、外壁の傷みには十分に注意しましょう。

外壁塗装の一番の目的は防水

外壁はなぜ塗装しなければならなでしょうか?

外壁塗装は外壁を美しく保ったり、外気から外壁を守り断熱したりする役割はあります。また、外壁塗装は外壁に汚れが付着するのを防いだり、塗膜で表面を覆うことで劣化を防止したりする役割もあります。

ただ、外壁塗装の役割で最も重要なのは防水です。

日本は世界的みても雨が多い国で、中でも北陸地方は雨がよく降るとされています。外壁塗装が必要な主な理由は、外壁をつなぐ継ぎ目(シーリング剤)が劣化したり、ひび割れにより雨水などが建物内に侵入してしまうと、木材や鉄筋を劣化させてしまうことがあり、最悪、建物自体の寿命を短くしてしまう可能性があるからです。

雨を甘く考え、外壁塗装の塗り替えを怠ると、後々かなりの出費がかかるとことがありますので注意が必要です。

内部に湿気・水分が入り込むと起こる被害

艶あり塗料などを使って塗装したばかりの外壁には艶がありますが、時間の経過とともに艶が失われますので、外壁に艶が無くなってきたら外壁塗装の劣化のはじまりです。完全に艶が無くなったら塗装面が劣化し、防水性能が低くなっている証拠です。

外壁塗装の防水効果が低下すると水を撥水しなくなり、壁には水が付着したり、湿気を帯びたりするようになります。

外壁に湿気を含んだ後に日光が当たり乾燥すると、ゆがみが発生する恐れも出てきます。このようなことが繰り返されると、外壁塗装にヘアクラックという亀裂が入ります。

サイディングの外壁であればシーリング部分に亀裂が入ります。

シーリング(コーキング)は雨水の侵入を防ぐものなので、亀裂が入ると建物に大きなダメージを与える可能性があります。

モルタル壁の場合は、短期間で小さな亀裂が発生します。

実は、これらの亀裂が発生しなくても、塗膜が薄くなった部分から雨水が染み込むこともあります。

塗料の中には弾性があるものもあり亀裂が発生しづらいですが、いずれ塗料は劣化して弾性は失われ亀裂が入ります。これらの亀裂をそのままにしておくと、だんだん大きく、深くなっていきます。

この時点で、新しく外壁を塗装してから10年程度、新築なら7年程度経過しています。

このタイミングで外壁塗装を行えば、高く見積もっても90万円以内の費用で済みます。

この状態で何のメンテナンスもしなければ亀裂から雨水が壁の中に侵入してきますが、壁の中には防水シートが入っており、基本的には防水シートで雨水は止まり、それ以上内側に侵入しません。ただ、防水シートの隙から水が浸入してしまう可能性があります。

さらに、防水シートも長期的に考えれば、劣化することは確かなので、いずれは、雨水は壁の中の断熱材や木材、コンクリートまで達することになります。

外壁塗装の必要性。手遅れになると莫大なコストがかかる

外壁の亀裂をそのままにして、雨水などが防水シートの内側に配置されている断熱材まで達してしまうと修繕が必要となり、外壁の塗装とは別に60万~200万円の費用が必要になります。さらに、建物の基礎に修繕が必要になった場合は、50万円以上かかるケースがあります。

雨水が壁の中の木材やコンクリートまで達してしまうと、室内の湿度は上昇し、白アリが発生してしまうことがあり、白アリの駆除に10万~50万円程度かかる場合があります。

不幸にも建物が建て替えとなった場合でも、まず建物を解体しなければなりませんので、木造の建物の場合150万円以上、鉄骨の住宅の場合300万円以上の解体費用は発生すると考えられます。

さらに新しい建物を建築するとなると、建物の規模や住宅設備、内装によりますが1500万円以上の建築費用が必要になる可能性があります。

解体・建て替えとなる前に、しっかり修繕しておけば建物は維持していけます。

外壁に艶が無くなったり、ヘアクラックが発生したりすることがサインなので、これらを見逃さず外壁の塗り替えを行うようにしてください。

判断に困るようであれば、塗装業者に点検してもらうことも必要です。

外壁塗装は、雨や風、雪などの厳しい環境から建物を守る重要な役割を担っています。厳しい環境にさらされる外壁を定期的に塗り替えることで建物を長く維持することが重要です。

この記事を書いたプロ

明彩塗装 [ホームページ]

室内装飾業 髙橋亮

三重県松阪市小黒田町658-3 [地図]
TEL:0598-31-1751

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
明彩塗装 髙橋 亮さん

住宅の外壁だけでなく、顧客と従業員の笑顔も明るく彩る(1/3)

「あかるく いろどる」をキャッチフレーズに松阪市を中心に県内全域で実績を積む『明彩塗装』。お嬢さまのお名前で構成された屋号が、アットホームな印象を醸し出します。代表・髙橋亮さん(41)はこの道に入って23年のキャリアを持つ塗装工のベテランで...

髙橋亮プロに相談してみよう!

三重テレビ放送 マイベストプロ

20年を超える実務経験と豊富な建築知識でアドバイスできる強み

会社名 : 明彩塗装
住所 : 三重県松阪市小黒田町658-3 [地図]
TEL : 0598-31-1751

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0598-31-1751

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

髙橋亮(たかはしりょう)

明彩塗装

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
サイディングひび割れなど劣化症状の補修方法

サイディングのクラック(ひび割れ)を補修する手順は、クラックの部分を清掃し、プライマーを塗布した後にコーキ...

[ サイディング塗装 ]

サイディング外壁の耐用年数とメンテナンス費用

窯業系サイディングのシーリング材やボードに塗った塗料の劣化は早く、耐用年数はだいたい7年~10年となります。...

[ サイディング塗装 ]

サイディング外壁コーキング補修の手順と作業のコツ

サイディング外壁の目地に充てんするコーキングの役割は、住宅の揺れを吸収したり、防水性や気密性を保持したりす...

[ サイディング塗装 ]

サイディング外壁の塗装の必要性、不向きな塗料はある?

サイディングは雨水などが染み込むことで、反ったり、水漏れが発生したりするので、塗料の塗り替えを行う必要があ...

[ サイディング塗装 ]

コンクリート外壁の塗り直しにおすすめの塗料

コンクリートを塗装する方法には、撥水剤、弾性塗料、カラークリヤー、弾性塗料を塗る方法や、コンクリート描写再...

[ コンクリート塗装 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ