23年の塗装工経験で創る品質、速さ、正確さで勝負するプロ

コラム

 公開日: 2018-02-27 

コンクリート打ち放しで意匠性を損なわない塗装方法

コンクリート打放しは、無機質な雰囲気が独特の雰囲気があり、多くの建物で採用されています。

コンクリートの質感を損なわないように塗装する方法には、撥水剤を塗布する方法や、カラークリヤーを塗装する方法、打放しコンクリートを補修し撥水剤を塗布する方法があります。

これらの方法の中で、最も多く行われる方法は、打放しコンクリートを補修し撥水剤を塗布する方法となっており、下地に影響されずに、コンクリートが持つ意匠性を再現できるメリットがあります。

コンクリート打ち放しのメリットデメリット

鉄筋コンクリートでできた一般的な建物の外壁を仕上げる手順は、まず、型枠にコンクリートを流し入れ硬化させます。

次に、型枠を取り外した後、外壁の表面に塗料を塗ったり、磁器タイルや石材などを貼り付けたりして仕上げます。

コンクリート打放しは、型枠にコンクリートを流し入れ、硬化させる工程は同じです。ただ、型枠を取り外した後の外壁の表面に、塗料を塗ったり、磁器タイルや石材などを貼り付けたりといった仕上げは行わず、型枠を取り外したコンクリートに撥水剤を塗布して状態で仕上げとします。

コンクリート打放しは、コンクリートが持つ独特の雰囲気がスタイリッシュで、優れた意匠性を有します。

塗料を塗ったり、磁器タイルや石材などを貼り付けたりといった仕上げを行わないため、塗料、磁器タイル、石材が剥離して落下するといった問題を回避できるメリットがあります。

一方、デメリットもあり、コンクリート打放しは表面仕上げを行っていないので、表面に仕上げを施したコンクリートと比較して経年劣化のスピードが早いです。

また、表面に塗られている撥水剤の効果が薄れていくと雨水などがコンクリートに染み込んで黒ずんでしまい美観を損ねることがデメリットとして挙げられます。

意匠性を損なわない塗装方法と手順について

打放しコンクリートに塗料を塗ることができます。

塗装は、コンクリートの持つ素材感と意匠性を損なわない方法で行いますが、撥水剤を塗布する方法や、カラークリヤーを塗装する方法、打放しコンクリートを補修し撥水剤を塗布する方法があります。

撥水剤を塗布する場合

撥水剤を塗布する方法についての工程は、まず、高圧洗浄を実施し、コンクリート表面にこびりついた汚れを洗い流します。その後、撥水剤を塗布することで耐水性を向上させます。

この方法であれば高圧洗浄と撥水剤の塗布だけで済みますので、安い費用で済みます。

ただ、撥水剤は透明なのでコンクリートの表面の状態がそのまま表れます。そのため、コンクリート外壁の修正を行った場所などを隠すことはできません。

カラークリヤーで保護する場合

カラークリヤーを塗装する方法は、撥水剤を塗布する方法の工程と同じく、高圧洗浄を実施し、コンクリート表面にこびりついた汚れを洗い流し、撥水剤を塗布します。
その後に、カラークリヤーを塗装しますが、撥水剤だけ塗装する方法に比べ、カラークリヤーには色がついているので、コンクリートにできた色のばらつきなどをある程度は隠すことができます。

ただ、コンクリートの表面に発生した素材の荒れや、補修の跡などは完全に隠すことはできません。

補修の跡については、何度もクリヤーカラーを塗り重ねることで、ある程度は隠すことはできますが、コンクリートが持つ独特の雰囲気や質感が損なわれてしまいますので、注意が必要です。

カラークリヤーを塗装すると、撥水剤だけを塗装するより費用が高くなるデメリットはありますが、コンクリート表面を保護するための塗膜ができるメリットがあります。

アクリルシリコン樹脂またはフッ素樹脂のカラークリヤーを塗れば、長期間、優れた耐候性を保持することができます。

コンクリート表面を補修後、撥水剤を塗布する場合

打放しコンクリートを補修し撥水剤を塗布する方法は、まず、高圧洗浄を実施し、コンクリート表面にこびりついた汚れを洗い流します。その後に、劣化し荒れてしまったコンクリートの表面を全面的に補修します。コンクリートが持つ独特の風合いをよみがえらせるために、専用工具で表面の色調を整えていきます。その後に、クリアー塗料を塗布し保護します。

この方法は他の方法と比較して、下地に影響されずに、コンクリートの質感を再現できるメリットがあります。
ただ、他の方法と比較して工程が増え、手間がかかり、費用が高くなるデメリットがあります。

ご紹介した撥水剤を塗布する方法や、カラークリヤーを塗装する方法、打放しコンクリートを補修し撥水剤を塗布する方法の中で、最も多く行われる方法は、打放しコンクリートを補修し撥水剤を塗布する方法となっています。

コンクリート打放しの外壁は、撥水剤の効果がなくなると汚れがすぐに表れてきます。また、コンクリートの表面が荒れると水はけが悪くなり、カビやコケが発生しやすくなります。
そのため、メンテナンスについてはこういった汚れが目立つようになる前に行うのが理想です。

この記事を書いたプロ

明彩塗装 [ホームページ]

室内装飾業 髙橋亮

三重県松阪市小黒田町658-3 [地図]
TEL:0598-31-1751

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
明彩塗装 髙橋 亮さん

住宅の外壁だけでなく、顧客と従業員の笑顔も明るく彩る(1/3)

「あかるく いろどる」をキャッチフレーズに松阪市を中心に県内全域で実績を積む『明彩塗装』。お嬢さまのお名前で構成された屋号が、アットホームな印象を醸し出します。代表・髙橋亮さん(41)はこの道に入って23年のキャリアを持つ塗装工のベテランで...

髙橋亮プロに相談してみよう!

三重テレビ放送 マイベストプロ

20年を超える実務経験と豊富な建築知識でアドバイスできる強み

会社名 : 明彩塗装
住所 : 三重県松阪市小黒田町658-3 [地図]
TEL : 0598-31-1751

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0598-31-1751

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

髙橋亮(たかはしりょう)

明彩塗装

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
サイディングひび割れなど劣化症状の補修方法

サイディングのクラック(ひび割れ)を補修する手順は、クラックの部分を清掃し、プライマーを塗布した後にコーキ...

[ サイディング塗装 ]

サイディング外壁の耐用年数とメンテナンス費用

窯業系サイディングのシーリング材やボードに塗った塗料の劣化は早く、耐用年数はだいたい7年~10年となります。...

[ サイディング塗装 ]

サイディング外壁コーキング補修の手順と作業のコツ

サイディング外壁の目地に充てんするコーキングの役割は、住宅の揺れを吸収したり、防水性や気密性を保持したりす...

[ サイディング塗装 ]

サイディング外壁の塗装の必要性、不向きな塗料はある?

サイディングは雨水などが染み込むことで、反ったり、水漏れが発生したりするので、塗料の塗り替えを行う必要があ...

[ サイディング塗装 ]

コンクリート外壁の塗り直しにおすすめの塗料

コンクリートを塗装する方法には、撥水剤、弾性塗料、カラークリヤー、弾性塗料を塗る方法や、コンクリート描写再...

[ コンクリート塗装 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ