コラム

 公開日: 2016-08-21 

平屋への増築はできる? コスト高か?

平屋建ての家を増築して2階建てにする必要が出た場合、その工事や費用はどうなるのでしょう。今回は、平屋建てから2階建てへの増築についてお話ししたいとおもいます。

平屋建てを増築する際の注意点

平屋建てを増築して2階建てにする。その理由はさまざまです。

まず平屋建ての家を建て、家族が増え子ども部屋の必要が出てきたら増築して2階建てにする、そうした計画を立て、その時が来たので平屋建てを2階建てに増改築する、という方もいらっしゃいますし、子ども世代との同居を考えて2階建てにするというご家庭もあります。

時折、「平屋建ての家を増築して2階建てにしたいとおもいますが、そんなことできるでしょうか」というご質問を受けることがあります。
答えは「はい、お任せください」ですが、ただ、平屋建てを2階建てにするには、さまざまな点で注意が必要になります。

一つのサイコロの上に、もう一つサイコロを置いた状態をイメージしてください。
下のサイコロに上のサイコロの重さがかかりますね。平屋を2階建てにする際には、すでにある平屋部分の基礎、また、柱や梁など躯体部分に大きな負荷がかかることになります。

平屋建てを2階建てにする際には、この負荷に耐えられる強さを持たせ、地震等に対する備えを施さなければなりません。この基礎や躯体の補強には費用も手間もかかります。

また、既存部分と新しい増築部分をつなぐには、2階建ての家を新築する以上の技術力が必要になります。もちろん家の構造計算も綿密に行う必要があります。「平屋建てを2階建てに」とお考えであれば、設計施工会社選びを慎重に行わなければなりません。

工事現場で設計図面にはない判断を求められることもありますので、経験に富んだ、優秀な技術者も欠かすことはできません。たとえば、古い木材と新しい木材をつなぐのは、高度な技術が必要になるのです。

どのような工事になるか

平屋建てを2建てにする際には、どのような工事になるのでしょう?

家は築年数、構造、部材など、それぞれの家によって状況が異なりますから、一概に「こうした工事になる」ということはできませんが、ある事例をもとに基礎的な部分をお話ししたいとおもいます。

いずれは2階建てにすることをお考えになって、設計上もその点を考慮した家屋の例です。

平屋部分の基礎・躯体とも2階建てに耐えられるように作られています。この場合、1階部分は現状のまま活かし、屋根を解体してその上に2階部分を作ることになります。重機で家を取り壊すのとは違いますから、人の手による慎重な作業になります。

屋根の解体が終了したなら、次は2階部分の床を作ります。土台伏せという作業で、時間のかかる作業です。既存の梁に耐力上必要となる梁を足し、その上に構造用合板を敷いていきます。
ただ、年月の経過にともない、既存部分の梁などにはたわみ・縮みなどが出ていますから、水平を計りながら、木材を削ったり、スペーサーを入れるなどの微調整を行いながらの作業になります。

また、平屋建てを2階建てにするためには「通し柱」を入れなくてはなりません。建築基準法によって、2階建ての建築物には通し柱が必要とされているからです。
家の四隅に新たに基礎を設け、既存の建物を囲うようなかたちで通し柱を建てることになります。通し柱と既存の建物の柱をボルトで緊結し、強度を高めます。

以上、平屋建てを2階建てにする際の工事のごく基礎的な部分をお話ししました。しかし、この部分だけでも、平屋建てから2階建てへの増築に高い技術力が必要なことがおわかりいただけたのではないでしょうか。

費用について

では、平屋建てを2階建てにするためにかかる費用はどのくらいなのでしょう?

これも一概にはお答えすることは「難しい」と言わざるを得ません。どのような家をお望みかによって費用が違ってくるからです。ただ、ぜいたくな部材を使う、凝った作りにする、ということでなければ、新築よりは安くなると言えるかもしれません。

また、2階建てにすることを見越した平屋建てなのか、そうではないのかによっても大きく違ってきます。この点は、ぜひご相談いただければとおもいます。

現在、平屋建ての新築をお考えであれば、将来の増改築も見込んだ設計になさることをおすすめします。

たとえば、現在はご夫婦と小さいお子さんが一人ということであれば、その家族数に合わせたコンパクトな平屋建てする。ただし将来、増改築が容易に行えるよう基礎・躯体部分に強度を持たせておくということです。将来、増改築が必要になることも考慮した家づくりは、賢明な家づくりと言えるでしょう。

私ども森大建地産は、これまで平屋建てはもちろんさまざまな家作りに携わって参りました。その基本は「お客さまと一緒になって創りあげていくこと」です。

そして、そのために私たちはお客さまのご要望に耳を傾け、お客さまの夢を実現する高い技術力、熟練した職人集団による万全の態勢をとってまいりました。ぜひ、私ども森大建地産にご相談ください。

森大建地産の家づくり

高気密高断熱住宅の施工事例 
家づくりの見学会・イベント最新情報
「TESHIO」の注文住宅・工務店 ブログ 

この記事を書いたプロ

森大建地産(もりだいけんちさん)株式会社 [ホームページ]

建築家 森秀樹

三重県伊賀市猿野1238 [地図]
TEL:0595-48-0331

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
森大建地産株式会社 代表取締役社長 森 秀樹

家族みんなが幸せになれる家づくり(1/3)

 伊賀市猿野(ましの)地区。伊賀と津を結ぶ伊勢街道から、山へと続く坂道の先に森大建地産はあります。かつては、阿山郡大山田村として、古くから林業で栄えてきました。盛栄を象徴するかのように、辺りには立派な日本家屋が立ち並び、雄大な自然や田畑とと...

森秀樹プロに相談してみよう!

三重テレビ放送 マイベストプロ

地元工務店の強い責任感で家族の幸せを願う丁寧な家づくりに強み

会社名 : 森大建地産(もりだいけんちさん)株式会社
住所 : 三重県伊賀市猿野1238 [地図]
TEL : 0595-48-0331

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0595-48-0331

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

森秀樹(もりひでき)

森大建地産(もりだいけんちさん)株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
三重県の住宅ローンについて

三重県内に土地を購入して、注文住宅を新築したいという場合、その費用はやはり銀行などの金融機関が提供している...

[ 三重県の住宅ローン ]

モデルハウスまもなくオープンです
イメージ

共働きをもっと楽しく快適にできる家ができました。共働きしやすくなるための工夫がいろいろ外観は一...

[ 家づくり ]

FPパネルとトリプルサッシを使ったおうち見学会

3月14.15日は【予約制】お客様の家完成見学会を行います場所は伊賀市上野忍町になります今回はFPパネル...

[ 家づくり ]

新卒採用をスタートしました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆  2016年度 新卒採用いよいよスタートします!  ◆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━...

[ 家づくり ]

四日市スタジオ オープンしました
イメージ

この度、森大建地産では四日市市に打ち合わせできるスペースとして四日市スタジオをオープンしました...

[ 家づくり ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ