コラム

 公開日: 2016-09-23 

平屋のメリットは暖房効率にあり。若年層夫婦にも人気。

快適な住まいを作るうえで「家の暖房効率」は大切なポイントの一つです。平屋はこの点でもメリットがあります。

環境への配慮

国が行なった調査(「地球温暖化対策に関する世論調査」)を見ると、温暖化やオゾン層の破壊など地球環境問題について、90%以上の人が「関心がある」と答えています。
住まいのご相談の中にも「環境に配慮した住宅にできないかと」いうご相談を受けることが多くなっています。

なかでも大きな関心になっているのは「光熱費」です。冷暖房にかかるコストを抑えることは省エネにつながります。そういったことをふまえて、相談なさる方が増えています。

平屋は生活空間がワンフロアに収まりますから、2階建てにくらべ、家全体の温度をコントロールしやすいというメリットがあります。窓を開ければ家全体に風が通りますし、冷房や暖房も行き渡りやすい構造を持っています。

2階建ての住まいの場合、冬は温かい空気が上に行き、暖房効率を下げない工夫が必要になります。
平屋はワンフロアですから、暖かい空気が上層階に逃げる心配は少なくなります。エアコンの設置台数も少なくてすみ、初期投資、ランニングコスト両面で光熱費の削減を目指すことができます。

こうしたことから、年配の方だけではなく、若い世代の方も平屋に魅力を感じる方が増えています。

平屋の暖房効率の良さを活かし、薪ストーブ一つで家中の部屋を暖める、そんなプランも可能です。冬場の暖房費が削減でき、地球環境にも優しい暮らしを目指すことができます。

屋根が広い平屋の特徴を活かし、ソーラーパネルを設置した太陽光発電の住まいも考えられます。

自然素材の「木」

私ども森大建地産の強みの一つに木造建築があります。自然素材である木は、人の体に優しい機能を持っています。

コンクリートの床に立っていると体が冷える、という経験をしたことがある方は多いかとおもいます。

木材、コンクリート、ビニールタイル、3種類の床材を用意し時間経過と共に足の甲の温度がどのように変化していくかを調査したところ、一番早く冷えるのはコンクリート、次がビニールタイル、最も遅かったのは木材という結果が出たそうです。

私どもがお作りした家を、「寒い冬でも裸足が辛くないのには驚きました」と評価して下さったお客さまがいらっしゃいますが、それは床に無垢材を使用したお宅でした。

木はまた、湿度を調節する機能を持っています。部屋の湿度が高い時は空気中の水分をとり込んで湿度を下げ、湿度が低い時は水分を放出して湿度を上げようとするのです。

暖房効率がいい平屋のメリットを、木造りの家でさらに活かすというのも検討に値するアイデアではないでしょうか。

平屋のメリットを活かす工夫

また、私どもは新築ばかりではなく、リフォームにも力を入れています。

そのため、どのようなリフォームをお望みのお客さまがいらっしゃるか、さまざまな情報にも目を配っています。

その中に、「冬が寒くて困っている」という記事がありました。

木造の古い日本家屋にお住まいの方の声です。すぐに浮かんだのは、「断熱がしっかりされてないのでは?」ということでした。

昔の日本家屋は断熱への配慮が欠けているケースが多いのです。床下の断熱が施されていないと、床下の冷たい空気が室内に入り込んで、「冬が寒い」ということになってしまいます。

暖房効率がいいという平屋のメリットを十分に活かすためには、「断熱」についても考える必要があるとおもいます。

住まいの「断熱」は、新築時に行うのが一番いいとおもいますが、リフォームでも可能です。
家全体に「断熱」を施し、家の中の温度差を小さくすることは、快適な暮らしを送るうえで重要であり、ヒートショックの危険性を減らすことにつながります。

ヒートショックは、暖かいリビングから寒い洗面室へ行くなど、温度の急変によって身体がダメージを受けることを指しますが、とくに高齢の方には心筋梗塞や脳梗塞などを起こす危険が高くなります。
家全体を「断熱」し、家の中を均一な温かさで保つことで、そうした危険を避けられる可能性が高まります。

最後に私どもの「ゼロエネ住宅」について、ちょっとお話ししたいとおもます。
「ゼロエネ」住宅は、エネルギーの消費を抑えると共に、消費したエネルギーと同等のエネルギーを作り出す機能を持った住宅のことです。

森大建地産の「ゼロエネ住宅」は国土交通省所管の地域型ブランド化事業にも採択されました。エコ、経済性、住み心地の良さを追求した家です。

冷暖房効率を考え、「断熱」については、外断熱と内断熱のダブル断熱、屋根には大容量の太陽光発電システムを備えています。

省エネ基準を定めた「2020年基準」をクリアする住まいであり、ご予算も1000万円台から手に入るプランもご用意しています。
「ゼロエネ」の住まいについて、ご興味をお持ちの方はお問い合わせください。

森大建地産の家づくり

高気密高断熱住宅の施工事例 
家づくりの見学会・イベント最新情報
「TESHIO」の注文住宅・工務店 ブログ 

この記事を書いたプロ

森大建地産(もりだいけんちさん)株式会社 [ホームページ]

建築家 森秀樹

三重県伊賀市猿野1238 [地図]
TEL:0595-48-0331

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
森大建地産株式会社 代表取締役社長 森 秀樹

家族みんなが幸せになれる家づくり(1/3)

 伊賀市猿野(ましの)地区。伊賀と津を結ぶ伊勢街道から、山へと続く坂道の先に森大建地産はあります。かつては、阿山郡大山田村として、古くから林業で栄えてきました。盛栄を象徴するかのように、辺りには立派な日本家屋が立ち並び、雄大な自然や田畑とと...

森秀樹プロに相談してみよう!

三重テレビ放送 マイベストプロ

地元工務店の強い責任感で家族の幸せを願う丁寧な家づくりに強み

会社名 : 森大建地産(もりだいけんちさん)株式会社
住所 : 三重県伊賀市猿野1238 [地図]
TEL : 0595-48-0331

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0595-48-0331

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

森秀樹(もりひでき)

森大建地産(もりだいけんちさん)株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
三重県の住宅ローンについて

三重県内に土地を購入して、注文住宅を新築したいという場合、その費用はやはり銀行などの金融機関が提供している...

[ 三重県の住宅ローン ]

モデルハウスまもなくオープンです
イメージ

共働きをもっと楽しく快適にできる家ができました。共働きしやすくなるための工夫がいろいろ外観は一...

[ 家づくり ]

FPパネルとトリプルサッシを使ったおうち見学会

3月14.15日は【予約制】お客様の家完成見学会を行います場所は伊賀市上野忍町になります今回はFPパネル...

[ 家づくり ]

新卒採用をスタートしました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆  2016年度 新卒採用いよいよスタートします!  ◆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━...

[ 家づくり ]

四日市スタジオ オープンしました
イメージ

この度、森大建地産では四日市市に打ち合わせできるスペースとして四日市スタジオをオープンしました...

[ 家づくり ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ