コラム

 公開日: 2016-09-27 

平屋のメリットは動線が短く、生活がしやすいこと

「生活しやすい」を住まいにするためには、家の中の「生活動線」をよく考える必要があります。
そして、「動線は短く」が基本です。

平屋の「動線」は短い

家の中の人の動きを示す線を「生活動線」と言います。この線を短くすることで、生活しやすい住まいにすることができます。

平屋は1階しかありませんから「生活動線」が短くなります。
たとえば、1階に洗濯機があり2階に物干し場がある家の場合、洗濯した物を干すための「動線」は、1階の洗濯機から階段へ、それから階段を上って2階の物干し場へと延びていくことになります。

平屋の場合は1階しかありませんから、階段までの動線、階段から2階までの動線を省くことができ、「動線」がずっと短くなります。

ちなみに、この「動線」は「導線」と表記する場合もあります。文字の違いによって意味合いが大きく違ってくるか、と言えば、そんなことはなく、意味合いは同じです。「生活動線」も「生活導線」も共に家の中の人の動きを示すものです。一説には「導線」という表記は、デパート業界が「お客様を導く、ご案内する」という意味合いで使い始めたものだそうです。

リビングと3つのゾーン

さて、生活しやすい「動線」を考える際、家の中の「ゾーン」をつかむことが大切です。
家の中には大きく3つのゾーンがあります。

「①炊事・掃除・洗濯などの家事ゾーン」「②寝室・子供部屋などのプライベートゾーン」「③風呂、トイレなど水回りゾーン」、この3つです。

家の中心はやはりリビングになるでしょう。家族との楽しいひと時こそ暮らしの中で、大切にしたいものです。

では、いまお話しした3つのゾーンとリビング、どう配置すればいいでしょう?

平屋建てのこんな住まいを想像してみて下さい。
家は長方形を横に置いた形。二世代同居の住まいです。
長方形の上の辺が北、下の辺が南。右の短い辺は東、左の短い辺は西です。

玄関は長方形の右の短い辺(東)にあり、玄関を入ると廊下を挟んで左手に子世代夫婦の寝室、右手に子供部屋があります。

廊下をまっすぐ行くと居間になり、その奥に引き戸で仕切られて台所や風呂・洗面所があります。
親世代の寝室は長方形の下の辺、台所に隣接し、南に向いています。
そして、もう一室、親世代の寝室、居間と接するところにこれも南に向いた客間があります。

「居間」「台所」「客間」という言葉を使いましたが、この家は古い形式の木造平屋建ての家なのです。家の主の名は、磯野波平さん。そう、「サザエさん」のお宅です。(「サザエさん」の家の間取りは、ネットで検索できますのでちょっとご覧になってみて下さい)。
「サザエさん」のお宅をご紹介したのは、リビング(居間)と3つのゾーンが上手に配置され、家の中の動線も合理的なものになっていることをお話ししたかったからです。

玄関を入って左手にある子世代夫婦の寝室は、サザエさん、マスオさん、タラちゃんのプライベートスペース。右手の子供部屋はカツオくんとワカメちゃんのプライベートスペース。3つのゾーンのうち「プライベートゾーン」になっています。

そして、家の中心にリビング(居間)があり、リビング(居間)に隣接して「炊事・洗濯・掃除などの家事ゾーン」と「キッチンや浴室、トイレなど水回りゾーン」が続いています。

親世代である波平さん、フネさんのプライベートもしっかりゾーン分けされています。
もちろん、「サザエさん」の家に2階はありませんから、上下の動線はありません。

主婦の動きを中心にした動線

さて、家の中の動線を考える際、シンプルなラインで短くすることと共に大切なのが、誰の動線を優先するかということです。その際、基本になるのは「家にいる時間が一番長い人」です。「サザエさん」の家では、主婦であるフネさんの導線になります。
そして、この点でも「サザエさん」のお宅はよく考えられているとおもいます。

朝目を覚ましたフネさんは、寝室と隣接するキッチンを抜けて洗面所で顔を洗い、それからキッチンで朝食の準備。キッチンと隣接した居間で、家族とサザエさんたちと朝食を共にすることになります。

洗濯も、洗面所にある洗濯機で洗濯、キッチンと自分たちの寝室を抜けて、庭の物干し場で干すことができます。縁側と庭に段差がありますが、あとはすべて水平の動線です。

こうしてみると「サザエさん」の家は、家の中にいる時間が一番長いフネさんにとって生活しやすい間取りであり、また、生活動線もフネさんにとって生活しやすいものになっていると言えるでしょう。生活動線が短い、という平屋のよさが活かされているとおもいます。

平屋は生活空間がワンフロアで完結するので動線がシンプル、庭との距離が近いといったことが魅力と言えるでしょう。

家づくりにおいて、平屋に興味をお持ちの方は、動線の便利さについても着目していただければと思います。

森大建地産の家づくり

高気密高断熱住宅の施工事例 
家づくりの見学会・イベント最新情報
「TESHIO」の注文住宅・工務店 ブログ 

この記事を書いたプロ

森大建地産(もりだいけんちさん)株式会社 [ホームページ]

建築家 森秀樹

三重県伊賀市猿野1238 [地図]
TEL:0595-48-0331

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
森大建地産株式会社 代表取締役社長 森 秀樹

家族みんなが幸せになれる家づくり(1/3)

 伊賀市猿野(ましの)地区。伊賀と津を結ぶ伊勢街道から、山へと続く坂道の先に森大建地産はあります。かつては、阿山郡大山田村として、古くから林業で栄えてきました。盛栄を象徴するかのように、辺りには立派な日本家屋が立ち並び、雄大な自然や田畑とと...

森秀樹プロに相談してみよう!

三重テレビ放送 マイベストプロ

地元工務店の強い責任感で家族の幸せを願う丁寧な家づくりに強み

会社名 : 森大建地産(もりだいけんちさん)株式会社
住所 : 三重県伊賀市猿野1238 [地図]
TEL : 0595-48-0331

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0595-48-0331

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

森秀樹(もりひでき)

森大建地産(もりだいけんちさん)株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
三重県の住宅ローンについて

三重県内に土地を購入して、注文住宅を新築したいという場合、その費用はやはり銀行などの金融機関が提供している...

[ 三重県の住宅ローン ]

モデルハウスまもなくオープンです
イメージ

共働きをもっと楽しく快適にできる家ができました。共働きしやすくなるための工夫がいろいろ外観は一...

[ 家づくり ]

FPパネルとトリプルサッシを使ったおうち見学会

3月14.15日は【予約制】お客様の家完成見学会を行います場所は伊賀市上野忍町になります今回はFPパネル...

[ 家づくり ]

新卒採用をスタートしました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆  2016年度 新卒採用いよいよスタートします!  ◆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━...

[ 家づくり ]

四日市スタジオ オープンしました
イメージ

この度、森大建地産では四日市市に打ち合わせできるスペースとして四日市スタジオをオープンしました...

[ 家づくり ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ