コラム

 公開日: 2016-10-05 

平屋の気になる防犯対策。二重窓やセンサーの設置を

住まいにとって防犯対策が重要なことは言うまでもありません。今回は平屋の防犯対策について見ていくことにしましょう。

平屋の防犯対策

「平屋はちょっと不用心な気がする」という声を聞くことがあります。
たしかに、防犯対策をしっかり施していない住まいは危険です。しかし、一概に「平屋は2階建てにくらべ危険」とは言えないようにおもいます。

というのも、警視庁・生活安全部の解説によると、泥棒が狙いやすい家は、統計上「新興の個人住宅やアパートが中心の住宅街」に建つ家という結果が出ており、家の形態については「2階建て」「平屋」の順になっています。

また、泥棒が狙いやすい家は、人の目が届きにくい家とされています。たとえば高い石垣の上に建つ家は、侵入者がいったん中に入ってしまえば、通行人などの目から姿を隠しやすく、あとは「仕事」がしやすいといのです。
平屋、2階建てという家の形態より、家を取り巻く環境が問題と考えたほうがよさそうです。

しかし、周囲の環境がどうあれ、防犯対策をしっかり行ない、危険を未然に防ぐことが大切であることは言うまでもありません。

そのヒントは侵入者がどのようなことを嫌がるかという点にあります。

侵入者が最も嫌がるのは、「侵入に時間がかかること」「侵入を察知されること」、この2点です。侵入者を寄せつけない防犯対策について見ていきましょう。

窓をガードする

侵入者が家に入り込む方法の6割以上が「窓ガラスを割り、鍵を開ける」という手口です。窓の鍵がある箇所に手が入るくらいの穴をあけ、鍵をあけて家に入り込むのです。

しかし、そのやり方に手間取ると、大半の侵入者があきらめます。警視庁の調べでは、5分以上かかると7割近くが犯行をあきらめる、とされています。

つまり、なかなか割ることができない窓、簡単には開けることができない鍵を備えれば、無法な侵入者を撃退することが可能になってきます。

その方法の一つに「面格子」があります。「窓格子」と言った方がわかりやすいかもしれませんが、窓の外側に格子を取り付け、外部からの侵入を防ぐものです。

面格子のメリットは、侵入者にひと目で「防犯対策がなされている」ことを知らしめることにあります。「侵入しにくい家」とおもわせることは、防犯面で非常に効果があるのです。

また、窓の防犯対策には「2重窓」があります。2重窓も面格子と同じく、侵入者に「侵入が難しそうだ」とおもわせる視覚的な効果があります。1枚目の窓を破っても、まだもう1枚窓が残っているということは、侵入を手間取らせ、犯行をあきらめさせることになるわけです。

「侵入を手間取らせる」ということでは、窓ガラスに防犯フィルムを張るのも効果的です。防犯フィルムを張った窓は、たとえばバールなどで強く打ちつけても、ひびが入るだけで、窓ガラスはそう簡単には割れません。

同じ効果を持つものとして、ガラスの間に強度と柔軟性を持った中間膜を挟みこんだ防犯ガラスも開発されています。どちらも検討に値するかとおもいます。

さらに窓の鍵。窓にはたいてい鍵がついています。

クレセント錠と言いますが、これは侵入者が窓を割り、手を入れてひねればすぐに開いてしまいます。しかし、最近はクレセント錠そのものに鍵が付いているタイプが出ています。ひねれば簡単に開くというものではなく、クレセント錠をあける鍵が必要になる作りになっています。窓からの侵入を防ぐ効果を期待できます。

侵入者をおびやかすセンサーライト

センサーライトは人が近づくと、センサーが人が持つ熱を感知し、光を発します。

このサーチライトの光は、ひとつには侵入者がいることを家の周囲に、そして、家の中にいる家族に気づかせる効果を持ちますが、同時に、侵入者に心理面で大きなインパクトを与えます。

サーチライトが光るということは、侵入者にとっては自分の存在が察知されたということです。侵入者が一番嫌がるのは、自分の存在・行動を知られることですから、サーチライトが持つ効果は大きく、犯行を未然に防ぐことにつながります。

センサーライトは各メーカーからそれぞれ特色を持ったものが出されています。おすすめしたいのは、フラッシュ機能がついているものです。強い光が点滅することは、侵入者に脅威を与え、犯行を断念させ、侵入者を威嚇・撃退するうえで大きな効果があるからです。

住まいの防犯対策の重要性は、平屋、2階建てを問いません。家族と安心して暮らせる家にするためには、まず防犯対策をしっかすることが大切です。平屋だから防犯対策が必要、2階建ては安全ということはないのです。

新築・リフォーム時には、当然、家の間取りやリフォーム箇所が一番問題になりますが、防犯対策も十分お考えいただきたいとおもいます。

森大建地産の家づくり

高気密高断熱住宅の施工事例 
家づくりの見学会・イベント最新情報
「TESHIO」の注文住宅・工務店 ブログ 

この記事を書いたプロ

森大建地産(もりだいけんちさん)株式会社 [ホームページ]

建築家 森秀樹

三重県伊賀市猿野1238 [地図]
TEL:0595-48-0331

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
森大建地産株式会社 代表取締役社長 森 秀樹

家族みんなが幸せになれる家づくり(1/3)

 伊賀市猿野(ましの)地区。伊賀と津を結ぶ伊勢街道から、山へと続く坂道の先に森大建地産はあります。かつては、阿山郡大山田村として、古くから林業で栄えてきました。盛栄を象徴するかのように、辺りには立派な日本家屋が立ち並び、雄大な自然や田畑とと...

森秀樹プロに相談してみよう!

三重テレビ放送 マイベストプロ

地元工務店の強い責任感で家族の幸せを願う丁寧な家づくりに強み

会社名 : 森大建地産(もりだいけんちさん)株式会社
住所 : 三重県伊賀市猿野1238 [地図]
TEL : 0595-48-0331

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0595-48-0331

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

森秀樹(もりひでき)

森大建地産(もりだいけんちさん)株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
三重県の住宅ローンについて

三重県内に土地を購入して、注文住宅を新築したいという場合、その費用はやはり銀行などの金融機関が提供している...

[ 三重県の住宅ローン ]

モデルハウスまもなくオープンです
イメージ

共働きをもっと楽しく快適にできる家ができました。共働きしやすくなるための工夫がいろいろ外観は一...

[ 家づくり ]

FPパネルとトリプルサッシを使ったおうち見学会

3月14.15日は【予約制】お客様の家完成見学会を行います場所は伊賀市上野忍町になります今回はFPパネル...

[ 家づくり ]

新卒採用をスタートしました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆  2016年度 新卒採用いよいよスタートします!  ◆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━...

[ 家づくり ]

四日市スタジオ オープンしました
イメージ

この度、森大建地産では四日市市に打ち合わせできるスペースとして四日市スタジオをオープンしました...

[ 家づくり ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ