コラム

 公開日: 2016-10-11 

実は平屋がデザインの自由度が高い

「平屋」というと伝統的な日本家屋を思い浮かべる方が多いですが、実は平屋は外観・内装とも自由なデザインが可能です。

自由度が高い平屋のデザイン

平屋は2階建てにくらべ、デザインの自由度が高いというメリットを持っています。

2階建ての場合、1階のリビングの窓を大きくとろうとすると、耐震性をどう確保するかという問題が出てきます。窓を大きくとる分、耐震性に関わる壁の量が減ってしまうからです。

耐震性が重要であることは平屋も同じですが、上にあるのが屋根だけの平屋と2階建てでは、条件が大きく違います。平屋の場合、耐震性低減への補完対策をとりやすいのです。

平屋は天井高をたっぷりとることができますから、室内空間の設計も自由度が増します。
たとえば、家の中央は通常の天井高とし、左右を高くとる、といったデザインも可能です。家の外観に高低の対照を見せることになる一方、室内空間にも変化と開放感が生まれます。ワンフロアにさまざまな空間デザインが可能なのです。

また、家のデザインに重要な役割を果たすものに「庭」がありますが、平屋には建物と庭の一体感を出しやすいというメリットもあります。日本家屋の伝統である「縁側」、あるいはウッドデッキなどを設けると、家の中と外がごく自然につながります。

2階がない平屋は外観的にも庭の木々となじみが良く、穏やかな景観を作りだします。平屋はこの点でも楽しみと自由度が大きいのです。

森大建地産の平屋

私ども森大建地産がお作りした平屋建ての住まいをいくつかご紹介しましょう。

無垢材や漆喰など日本古来の素材を採用した平屋。
外観は落ち着いた「和」の様式を取り入れ、余計な飾りを排除してシンプルな平屋に仕上げました。しかし、リビングや廊下など室内には無垢材をふんだんに使いました。

無垢材は人体に影響する有害物質を含んでいませんし、蒸し暑い夏には湿気を吸収し、乾燥した冬には湿気を放出する調湿機能を持っています。
リビングの壁には、これも調湿性に優れた漆喰を採用しました。日本古来の素材を使った、快適さ、健康に配慮した住まいです。

建築家とのコラボレーションから生まれた平屋もあります。
外壁に焼杉を採用し、玄関は白いドア。焼杉の濃褐色と真っ白なドアが際立った対照を見せるデザインは、一般の住宅にはないインパクトがあります。しかし、木材が持つ落ち着きが穏やかさを与え、周辺の住宅と違和感なく調和しています。

リビングは勾配天井を採用し、パイン材に塗装した床と一段下げたスキップフロアで構成しました。パイン材は独特な木目が美しく、年月の経過によって風合いを増していきます。スキップフロアはモルタル仕上げにしました。パイン材とモルタル、この対照も建築家ならではの斬新なアイディアです。

白を基調としたナチュラルモダンの平屋。坪数40.07坪。
太陽光パネルをのせた切妻屋根の美しい線とヨーロッパ風の白い壁が絶妙な調和を見せています。家の門から玄関までは、煉瓦で描いた曲線でお客さまを誘導。遊び心とおしゃれな雰囲気がお客さまを玄関までご案内します。

室内の壁も白を基調にし、LDKの床にはカバの無垢材を使いました。清潔あふれる白い壁と木の風合いがモダンさと自然なやさしさを醸し出しています。
その一方、和室には、茶室などに使用される伝統的な聚楽壁を採用、天井も伝統的な目透かし天井にし、純和風に仕上げました。和と洋、伝統とモダンが融合した平屋です。

森大建地産の家づくり

お客さまからこんな言葉をいただきました。

「『こんな家がいいな』という希望はあったものの、それを形にしていけるのか不安もありました。私達のそんな思いを担当の荘野さんが本当に1つ1つ丁寧に聞いて下さり、わかりやすいようにデザイン画で示してもらったり、『こんなやり方もありますよ』というプロの視点から的確にアドバイスをしてもらったりしました」

文中の「荘野」は、私どもの木造ハウジングコーディネーター・荘野善宏のことです。私たちの家づくりは、お客さまのお話を丁寧にお聞きすることから始まります。

こんなうれしい声もあります。
「大工さんの腕もよく、細部まですごく丁寧に作っていただいたので、今でも住めば住むほど感動しています」
「親切にしていただいた今枝棟梁、吉井さん、坂本さん本当にありがとうございました」

私ども森大建地産の家は、自社専属の大工・職人集団が施工にあたります。「つくる職人の顔」が見える家づくりを大切にしているからです。その棟梁、弊社の今枝茂は平成25年度、優秀施工者国土交通大臣顕彰を受賞しております。

また、私たちは、銀行ローンの手続きや書類集め、土地や建物の契約に関する書類作成などについても、担当スタッフがお手伝いさせていただいております。

家づくりの第一歩から、設計・施工、さまざまな手続き、そしてアフターケア。私たち森大建地産は「お客さまのための家づくり」に真剣に取り組んでいます。

森大建地産の家づくり

高気密高断熱住宅の施工事例 
家づくりの見学会・イベント最新情報
「TESHIO」の注文住宅・工務店 ブログ 

この記事を書いたプロ

森大建地産(もりだいけんちさん)株式会社 [ホームページ]

建築家 森秀樹

三重県伊賀市猿野1238 [地図]
TEL:0595-48-0331

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
森大建地産株式会社 代表取締役社長 森 秀樹

家族みんなが幸せになれる家づくり(1/3)

 伊賀市猿野(ましの)地区。伊賀と津を結ぶ伊勢街道から、山へと続く坂道の先に森大建地産はあります。かつては、阿山郡大山田村として、古くから林業で栄えてきました。盛栄を象徴するかのように、辺りには立派な日本家屋が立ち並び、雄大な自然や田畑とと...

森秀樹プロに相談してみよう!

三重テレビ放送 マイベストプロ

地元工務店の強い責任感で家族の幸せを願う丁寧な家づくりに強み

会社名 : 森大建地産(もりだいけんちさん)株式会社
住所 : 三重県伊賀市猿野1238 [地図]
TEL : 0595-48-0331

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0595-48-0331

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

森秀樹(もりひでき)

森大建地産(もりだいけんちさん)株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
三重県の住宅ローンについて

三重県内に土地を購入して、注文住宅を新築したいという場合、その費用はやはり銀行などの金融機関が提供している...

[ 三重県の住宅ローン ]

モデルハウスまもなくオープンです
イメージ

共働きをもっと楽しく快適にできる家ができました。共働きしやすくなるための工夫がいろいろ外観は一...

[ 家づくり ]

FPパネルとトリプルサッシを使ったおうち見学会

3月14.15日は【予約制】お客様の家完成見学会を行います場所は伊賀市上野忍町になります今回はFPパネル...

[ 家づくり ]

新卒採用をスタートしました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆  2016年度 新卒採用いよいよスタートします!  ◆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━...

[ 家づくり ]

四日市スタジオ オープンしました
イメージ

この度、森大建地産では四日市市に打ち合わせできるスペースとして四日市スタジオをオープンしました...

[ 家づくり ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ