プロTOP:西川謙二プロのご紹介

「自分の家は自分で造る」醍醐味を伝えたい(1/3)

西川建築 西川謙二さん

建築人としての豊富な知識や知恵は経験から

 亀山市内の静かな住宅街のなかに、『西川建築』の事務所があります。代表の西川謙二さんは、40年間に渡り建築業に携わられてきた生粋の建築人です。現在の事務所は開設されてからまだ3年目ですが、それまでに培われた経験と人脈が西川さんの最大の強みです。今までに手掛けてこられたお仕事はすべて紹介によるもので、みずから熱心に営業活動をされていないのだとか。すべては「建築ひとすじ40年」の言葉に秘密がありそうです。そのあたりを西川さんにお尋ねしてみました。
 西川さんのご出身は亀山市。家業が大工ということもあり、自然と工業高校の建築科に進学し、建築界の道に進みました。最初の就職は名古屋市内の工務店に。「官庁の仕事がほとんどで、希望した現場監督の仕事に就けました」と好調にスタートしました。しかし21歳で結婚したとき、新居にと考えていた社宅に空きがなく、また都市部にアパートを借りるほどの余裕もなかった西川さんは、考えた末、生活基盤を三重に戻し鈴鹿の工務店に再就職しました。ここでの担当も公共事業の大型建築が主流です。西川さんはこのころに様々な建築工法を経験したことが、後に宝となってくるのです。ただ官庁の仕事は、自分の意志を反映させた建築が出来ないことに不満は募りました。時はバブル崩壊。会社の先行きも怪しくなり転職を勧められたこともあって、その後ふたつの建築会社で鉄骨造やリフォームなど新たなスキルを蓄積。「そしたら今度はリーマンショックがきてね。また職探しですわ(笑)」
しかしこの時、西川さんに支援者が現れました。誠実な人柄と豊富な経験を持つ西川さんだからこそ、得たチャンスでした。新たに起業し、会社取締役として住宅建築を手掛けられました。ここでは7年間業績を上げてきましたが、事業所を移転するのを機会に後進に会社を任せ、自らは生まれ育った亀山で、本当に自分自身がやりたかったスタイルでの住宅建築を始めました。「今となっては遠回りせずに、もっと早く始めていればよかったですね(笑)」と笑顔で返されましたが、この紆余曲折な経験があってこそ、人脈と信頼を勝ち得られたのだと思います。

<次ページへ続く>

【次ページ】 安心感を生む家づくりは、クライアントみずからの手で

西川謙二プロに相談してみよう!

三重テレビ放送 マイベストプロ

長年の経験で得た豊富な建築知識をオーダーに活かせる強み

会社名 : 西川建築
住所 : 三重県亀山市栄町1487‐46 [地図]
TEL : 090-9029-2958

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-9029-2958

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

西川謙二(にしかわけんじ)

西川建築

アクセスマップ

このプロに資料を請求する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ