健康について一緒に考える心不全治療のプロ

大西勝也

おおにしかつや

大西内科ハートクリニック

[ 津市 ]

職種

コラム一覧

1件~15件(21件)

過去の15件

新書

院長の新しい本が発売されました。「息切れ」を極めるという、COPDという呼吸器の病気と拡張性心不全という循環器の病気の話です。ひとはどのように「息切れ」をきたすかという医学書です。http://www.amazon.co.jp/gp/product/4840453136 続きを読む

講演活動

2014-12-24

新書

イメージ

医師向けの教科書を執筆しました。おかげさまで、amazonの医学書全般で4位にランキングされ、3度目の増刷となりました。 続きを読む

講演活動

2014-10-13

芸能人にも多いバセドウ病の症状と治療法

歌手の絢香さんなど、多くの芸能人やスポーツ選手が「バセドウ病」を克服して活躍していますが、そもそもどのような病気なのでしょうか?バセドウ病とは、健常な人では見られない抗体(TSH受容体抗体)が体の中に産生され、それが甲状腺を刺激し、甲状腺ホルモンが過剰に分泌される自己免疫性疾... 続きを読む

JIJICO

2014-08-20

仕事中の昼寝、本当に体に良い?

健康な成人では、レム睡眠とノンレム睡眠で一夜の睡眠を構成仕事中の昼寝、本当に体に良い?お昼をご飯を食べた後、会社で妙に眠たくなることがあると思います。あるいは、家事の合間に「昼寝したいな」と思うことはないでしょうか?今回は、昼寝が本当に体に良いのかを考えてみましょう。私た... 続きを読む

JIJICO

2014-04-12

有名人も感染「急性肝炎」の予防と治療

発熱、咽頭痛、頭痛で始まる急性肝炎。風邪と間違いやすい有名人も感染「急性肝炎」の予防と治療法タレントの上沼恵美子さん、村上ショージさんが急性肝炎で入院。休養を余儀なくされました。急性肝炎とは、主に肝炎ウイルスの感染が原因で起きる急性の肝機能障害による病気です。わが国で問題... 続きを読む

JIJICO

2014-04-12

がんを疑うべきカラダの異変

日本全国で約4.2万人の患者がいる前立腺がんがんを疑うべきカラダの異変自民党の高村正彦副総裁は、前立腺がんの治療のため東京都内の病院に入院することを記者団に明らかにしました。前立腺とは、膀胱(ぼうこう)の下にあり、精液の一部を作っている男性にだけある臓器です。わが国の前立腺がん... 続きを読む

JIJICO

2014-04-12

飲んだら入るな。高齢者のヒートショック予防

入浴中に亡くなるのは年間約1万4000人。ヒートショックとは?飲んだら入るな。高齢者のヒートショック予防警察医として不審死を見に行くことがあるのですが、多くの高齢者がお風呂で亡くなっています。実際、入浴中に亡くなるのは全国で年間約1万4000人と推測されていて、その原因にヒートショッ... 続きを読む

JIJICO

2014-04-12

定期接種に。あなどれない水ぼうそうの危険性

水ぼうそうの小児用ワクチンを定期接種に定期接種に。あなどれない水ぼうそうの危険性政府は昨年末、予防接種法に基づき、水ぼうそう(水痘)の小児用ワクチンを自治体が実施する定期接種に加えることを決めました。これにより、1~2歳の子どもたちは、来秋より多くの自治体で無料で水痘ワクチン... 続きを読む

JIJICO

2014-04-12

お風呂はNG?風邪に関する間違った常識

熱を下げるために厚着をして汗をかこう!これって本当?お風呂はNG?風邪に関する間違った常識楽しい年末年始は暴飲暴食や寝不足に陥りがちです。風邪をひいたりして体調を崩す人が多くいます。風邪を早く治そうとして間違った知識で対処していることも少なくありません。今回は、世間でよく言わ... 続きを読む

JIJICO

2014-01-19

未承認薬を臨床試験に参加していない患者にも使えるように

JIJICOに依頼され掲載された新しいコラムです。http://jijico.mbp-japan.com/2013/12/16/articles6327.htmlがん治療、未承認薬使用へ。期待できる効果と懸念点厚生労働省は、開発最終段階の未承認薬について、臨床試験に参加していない患者にも使える制度を2015年度から本格的に導入する方針を決... 続きを読む

2013-12-17

一日3食?小分け?健康を保つ食事の摂り方

一日のカロリー量は男性2300kcal、女性1800kcalを推奨一日3食?小分け?健康を保つ食事の採り方AKB48の大島優子さんが、一日9食の過食状態にあると11月18日のオフィシャルブログで明かし、話題となりました。健康を保つためには、一日何回、ご飯を食べれば良いのでしょうか?まず、健康を保つた... 続きを読む

JIJICO

2013-11-30

インフルエンザの予防接種は心血管を守るために必要

インフルエンザの予防接種が始まっています。インフルエンザの予防接種は、インフルエンザにかからないためにも、あるいはかかった時に重症化しないために重要です。では、どのような患者さんが、予防接種が必要でしょうか?1)お子様、2)妊婦あるいは妊娠を考えている人、3)高齢者、4)高齢者あ... 続きを読む

2013-11-14

乳がんを予防する閉経後の生活習慣

乳がん予防のために気をつけたい閉経後の肥満乳がんを予防する閉経後の生活習慣生活の欧米化に伴い、日本でも乳がん患者が増えています。乳がんを予防するために最も気をつけなければならないことは、閉経後の肥満です。欧米では多くの女性が高度な肥満状態にあり、乳がん発症リスクと肥満との関... 続きを読む

JIJICO

2013-10-23

赤ちゃんに日光浴を!骨の成長を妨げる「くる病」の予防策

JIJICOに掲載中の院長のコラムからの転載(http://jijico.mbp-japan.com/2013/10/04/articles4931.html)母乳で育てられている乳幼児に多い「ビタミンD欠乏性くる病」赤ちゃんに日光浴を 骨の成長を妨げる「くる病」の予防策現在、乳幼児に「くる病」が増えています。「くる病」とは、カルシウム... 続きを読む

JIJICO

2013-10-06

なぜ、大病院で高い初診料を取るのか?

大病院、初診1万円に 身近な「かかりつけ医」選びのポイント厚生労働省は、紹介状を持たずに大病院に来る初診の患者に、定額負担を求める方針を固めました。現在も多少の負担はありますが、金額を引き上げて1万円を軸に検討し、2016年度を目途に始める予定です。大病院は、高度な医療機器を使った... 続きを読む

JIJICO

2013-09-23

1件~15件(21件)

過去の15件

RSS
 
このプロの紹介記事
大西内科ハートクリニック院長 大西 勝也

心不全専門医の立場で、健康について一緒に考える(1/3)

 ピンク色と水色のハートマークが目印の大西内科ハートクリニックは、近鉄南が丘駅から徒歩5分のところにあります。待合室は天井が高く、開放的な雰囲気です。「ホテルのロビーがコンセプトなんですよ。」院長をつとめる大西勝也さんの柔らかな物腰に、「病...

大西勝也プロに相談してみよう!

三重テレビ放送 マイベストプロ

日本で数少ない心不全専門医ならではの豊富な知識と経験が強み

医院名 : 大西内科ハートクリニック
住所 : 三重県津市半田3431-5 [地図]
TEL : 059-225-2597

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

059-225-2597

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大西勝也(おおにしかつや)

大西内科ハートクリニック

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
大西内科ハートクリニックの診療理念

みなさん、こんにちわ。大西内科ハートクリニックの診療理念についてお話しさせていただきます。  私(院長)...

[ クリニックの情報 ]

講演に伴う休診について

みなさん、こんにちわ。じめじめした日が続きますね。今日は、私の講演活動について、ご紹介いたします。みなさん...

[ 講演活動 ]

インフルエンザの予防接種は心血管を守るために必要

インフルエンザの予防接種が始まっています。インフルエンザの予防接種は、インフルエンザにかからないためにも、...

この秋に気をつけたい子どもの感染症

院長のJIJICOのコラムから転載。まだ油断できない手足口病。髄膜炎を起こす可能性もこの秋に気をつけたい子ど...

[ JIJICO ]

乳がんを予防する閉経後の生活習慣

乳がん予防のために気をつけたい閉経後の肥満乳がんを予防する閉経後の生活習慣生活の欧米化に伴い、日本でも乳...

[ JIJICO ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ