健康について一緒に考える心不全治療のプロ

大西勝也

おおにしかつや

大西内科ハートクリニック

[ 津市 ]

職種

コラム

 公開日: 2014-04-12 

定期接種に。あなどれない水ぼうそうの危険性

水ぼうそうの小児用ワクチンを定期接種に

定期接種に。あなどれない水ぼうそうの危険性政府は昨年末、予防接種法に基づき、水ぼうそう(水痘)の小児用ワクチンを自治体が実施する定期接種に加えることを決めました。これにより、1~2歳の子どもたちは、来秋より多くの自治体で無料で水痘ワクチンを受けられることとなります。厚生労働省によると、水ぼうそうの患者数は乳幼児を中心に年100万人に上り、そのうち、約4千人が入院、20人ほどが死亡しています。ワクチンで、発症を80~85%、重症化をほぼ100%防げると期待されています。

感染力の強い水ぼうそう。9歳以下の小児を中心に大人にも感染

水ぼうそうとは、「水痘・帯状疱疹ウイルス」というヘルペスの仲間による 感染症です。感染すると、2週間ほどの症状のない時期(潜伏期)をおいて、発熱とともに全身に直径3 ~5mm程度の盛り上がった赤い発疹(丘疹)が数日かけて増えていきます。丘疹は水ぶくれ(水疱)のような状態となり、水ぶくれが破れてジュクジュクした状態(膿疱)となり、かさぶた(痂皮)となって治っていきます。発疹は時間とともに増えていくため、それぞれの段階の発疹が混在します。発疹の出現は発病から3日目ごろがピークで、7日程度で痂皮となって完治します。

水ぼうそうにかかっている患者の咳、水ぶくれが破れた時に出る汁などから他の人へ感染します。非常に感染力の強いウイルスですので、一定以上の数を鼻や喉から吸い込めば患者との接触がなくても、9歳以下の小児を中心に大人にも感染します。

妊娠初期に感染すると2%程度の胎児が先天性水痘症候群に

水ぶくれを壊したり、かさぶたを無理にはがしたりすると、発疹の跡が肌に残る場合があります。また、治った後もウイルスは体の中に隠れ住み、数十年後に疲労やストレスなど何らかのきっかけにより、痛みを伴う「帯状疱疹」として再発することがあります。

また、妊婦や新生児では重症になりやすいと言われています。また、妊婦が妊娠初期(妊娠8 ~20週目)に感染すると2%程度の胎児が先天性水痘症候群となり、低体重出生、手足の形成不全、部分的筋肉萎縮、脳炎、小頭症、白内障などの症状が現れます。

水ぼうそうに自分の子どもがかかって困らないように、水痘ワクチンの予防接種は重要といえます。

この記事を書いたプロ

大西内科ハートクリニック [ホームページ]

内科医 大西勝也

三重県津市半田3431-5 [地図]
TEL:059-225-2597

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
大西内科ハートクリニック院長 大西 勝也

心不全専門医の立場で、健康について一緒に考える(1/3)

 ピンク色と水色のハートマークが目印の大西内科ハートクリニックは、近鉄南が丘駅から徒歩5分のところにあります。待合室は天井が高く、開放的な雰囲気です。「ホテルのロビーがコンセプトなんですよ。」院長をつとめる大西勝也さんの柔らかな物腰に、「病...

大西勝也プロに相談してみよう!

三重テレビ放送 マイベストプロ

日本で数少ない心不全専門医ならではの豊富な知識と経験が強み

医院名 : 大西内科ハートクリニック
住所 : 三重県津市半田3431-5 [地図]
TEL : 059-225-2597

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

059-225-2597

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大西勝也(おおにしかつや)

大西内科ハートクリニック

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
大西内科ハートクリニックの診療理念

みなさん、こんにちわ。大西内科ハートクリニックの診療理念についてお話しさせていただきます。  私(院長)...

[ クリニックの情報 ]

講演に伴う休診について

みなさん、こんにちわ。じめじめした日が続きますね。今日は、私の講演活動について、ご紹介いたします。みなさん...

[ 講演活動 ]

インフルエンザの予防接種は心血管を守るために必要

インフルエンザの予防接種が始まっています。インフルエンザの予防接種は、インフルエンザにかからないためにも、...

この秋に気をつけたい子どもの感染症

院長のJIJICOのコラムから転載。まだ油断できない手足口病。髄膜炎を起こす可能性もこの秋に気をつけたい子ど...

[ JIJICO ]

乳がんを予防する閉経後の生活習慣

乳がん予防のために気をつけたい閉経後の肥満乳がんを予防する閉経後の生活習慣生活の欧米化に伴い、日本でも乳...

[ JIJICO ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ