健康について一緒に考える心不全治療のプロ

大西勝也

おおにしかつや

大西内科ハートクリニック

[ 津市 ]

職種

コラム

 公開日: 2014-04-12 

飲んだら入るな。高齢者のヒートショック予防

入浴中に亡くなるのは年間約1万4000人。ヒートショックとは?

飲んだら入るな。高齢者のヒートショック予防警察医として不審死を見に行くことがあるのですが、多くの高齢者がお風呂で亡くなっています。実際、入浴中に亡くなるのは全国で年間約1万4000人と推測されていて、その原因にヒートショックが挙げられます。

冬の時期、暖かい居間などの居住空間と暖房のない脱衣所や浴室との温度差が10℃以上になることがあります。急激な温度変化が短時間のうちに起こり、血圧の急上昇や急下降が引き起こされます。これを「ヒートショック」といいます。

<ヒートショックの例>

■寒い脱衣所で衣服を脱ぐと、血管が締り、血圧が上昇。

■浴槽に入った瞬間、突然の熱さのために交感神経が緊張して、血圧が急に上昇。

■首までつかると水圧の関係で体に負担がかかり、さらに血圧は上がる。

■しかし、体が暖まると血管が広がって次第に血圧は低下。

■浴槽から出る瞬間、水圧がなくなるため、さらに血圧は下がる。

■脱衣所に出て急に寒くなると、また血管が締り、血圧が急上昇。

このような血圧の変化により、立ちくらみや目まい、さらには脳卒中、心筋梗塞、命にかかわるような不整脈のような心血管病が生じることがあるのです。

高齢者に多く、心筋梗塞、狭心症、不整脈の持病がある人は危険

ヒートショックは高齢者に多く、特に心筋梗塞、狭心症、不整脈の持病がある人は危険です。高血圧や糖尿病の人も急激な血圧の変動に対応できないだけではなく、症状はなくても狭心症や脳梗塞を隠れ持っている場合があるので注意が必要です。また、熱いお風呂が好きな人や、アルコールを飲んで入浴することも危険です。

ヒートショックを予防するためには、居間、脱衣所、浴室、浴槽の温度差をできるだけ小さくしておくことが大切です。そのためには、脱衣所を小型の暖房器(温風式)で暖めておくと良いでしょう。風呂場の床にスノコやマットを敷いておいて、入浴前に湯船のふたを開けておいたり、シャワーを出しておいたりすることで、浴室全体を暖めておくのも良いことです。

湯船に入る前には足からかけ湯をしてゆっくり体を温め、足から浴槽に入り徐々につかっていきます。お風呂はあらかじめ熱すぎないように温度調節し、入浴時間は少し短めにしましょう。心疾患を持つの人は首までつかる時間は短めにするのと良いでしょう。

お風呂から出た後、喉が渇いていたら水分補給を必ずしてください。そして、何よりアルコールを飲んでからの入浴は控えましょう。

この記事を書いたプロ

大西内科ハートクリニック [ホームページ]

内科医 大西勝也

三重県津市半田3431-5 [地図]
TEL:059-225-2597

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
大西内科ハートクリニック院長 大西 勝也

心不全専門医の立場で、健康について一緒に考える(1/3)

 ピンク色と水色のハートマークが目印の大西内科ハートクリニックは、近鉄南が丘駅から徒歩5分のところにあります。待合室は天井が高く、開放的な雰囲気です。「ホテルのロビーがコンセプトなんですよ。」院長をつとめる大西勝也さんの柔らかな物腰に、「病...

大西勝也プロに相談してみよう!

三重テレビ放送 マイベストプロ

日本で数少ない心不全専門医ならではの豊富な知識と経験が強み

医院名 : 大西内科ハートクリニック
住所 : 三重県津市半田3431-5 [地図]
TEL : 059-225-2597

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

059-225-2597

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大西勝也(おおにしかつや)

大西内科ハートクリニック

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
大西内科ハートクリニックの診療理念

みなさん、こんにちわ。大西内科ハートクリニックの診療理念についてお話しさせていただきます。  私(院長)...

[ クリニックの情報 ]

講演に伴う休診について

みなさん、こんにちわ。じめじめした日が続きますね。今日は、私の講演活動について、ご紹介いたします。みなさん...

[ 講演活動 ]

インフルエンザの予防接種は心血管を守るために必要

インフルエンザの予防接種が始まっています。インフルエンザの予防接種は、インフルエンザにかからないためにも、...

この秋に気をつけたい子どもの感染症

院長のJIJICOのコラムから転載。まだ油断できない手足口病。髄膜炎を起こす可能性もこの秋に気をつけたい子ど...

[ JIJICO ]

乳がんを予防する閉経後の生活習慣

乳がん予防のために気をつけたい閉経後の肥満乳がんを予防する閉経後の生活習慣生活の欧米化に伴い、日本でも乳...

[ JIJICO ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ