プロTOP:髙田裕晃プロのご紹介

削らず虫歯を治療? 口内環境を整え、歯を長持ちさせる歯科医(1/3)

・タカダ歯科医院院長・髙田先生

世界の最新研究に基づいた予防歯科医療に注力

「虫歯=削るイメージだと思いますが、『削らなくても良い虫歯』もあることをご存知ですか?」
 私たちが長年持っている虫歯治療の常識を覆すひと言を発するのが、四日市市生桑町「タカダ歯科医院」院長の髙田裕晃先生。大学時代に口腔医療について深く学び、卒業後は大学附属病院に口腔外科医として勤務。広い視野で医療を学びたいとカリフォルニア大学(USC)やUCLAにて研修し、現在はインプラントの国際学会「ICOI」に所属するなど、世界的な医療に目を向け最新の研究結果を積極的に取り入れています。虫歯治療はもちろん、虫歯を引き起こす口内環境に注目し、環境改善を呼びかけます。
「来院した患者さんは、痛みなど症状がある場合はまずその処置をします。そうでない方は口腔内診査を行い、虫歯は『ダイアグノデント』という機器を用いて、小さな虫歯まで発見します」
 ダイアグノデントとは歯面状態認識装置で、歯質に当てることで視診・触診やX線などによる診断よりも高い確率で虫歯を発見すると言われています。それにより「進行性の虫歯」か、それとも「経過観察できる虫歯」かが分かるそうです。
「削った歯は再び虫歯になりやすいため、歯は削らない方が良いんです。日々ケアをし、虫歯の進行を食い止めることが大切です」
 髙田先生の病院には、「メンテナンスルーム」という一室があります。ここは、自分の口の中の菌を顕微鏡で見ることができたり、歯磨き(ブラッシング)指導を受けたりできる部屋。自分が上手にブラッシングできているか、歯科衛生士がチェックしてくれます。
「口の中の環境を改善することで、一部の虫歯は、進行を食い止めることができます。そのうち歯が再石灰化され、虫歯が修復されることもあります。ただ、ブラッシングの腕には個人差があるのが実情。上手くいかない方には別の方法もご紹介しています」。

<次ページへ続く>

【次ページ】 体内と同じように、口の中にも善玉菌を増やそう!

髙田裕晃プロに相談してみよう!

三重テレビ放送 マイベストプロ

ブラッシング指導+αで虫歯・歯周病になりにくい口内環境づくり

医院名 : 医療法人 優駿会タカダ歯科医院
住所 : 三重県四日市市生桑町1687-1 [地図]
TEL : 059-333-4182

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

059-333-4182

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

髙田裕晃(たかだひろあき)

医療法人 優駿会タカダ歯科医院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ